Feel

Feel

感じる

12月13日〜12月19日 蠍座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蠍座(10/24~11/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

今週は、12月19日に双子座で満月となります。双子座で新月が起きたのは、2021年6月。

双子座で月が見えなくなり、また満ちるまでのこの6か月間は、「知識を増やす」というテーマがありました。

この半年で、「知ること」により自分が成長できたか、イメージできるでしょうか、自分の内側にある価値観の解像度が上がる感覚でもあります。

散在する情報を収集し、対立構造や二面性のある事柄の問題点への理解の深まり。全体性を見つめていく学びを通じ、自己が不完全であることを受け止めながら内的葛藤を鎮める。

今週はそんな「一区切り感」や「到達感」を抱かせる満月のときです。

この満ちた感覚(満月)からまた学びと挑戦への道のりが展開していきます。その道を進むときは、奇をてらわない、オーソドックスで安心感のある方法をとることでしょう。

先週の叡智の探索や熱い議論の時間を過ぎ、13日に水星が山羊座に、14日は火星が射手座に移動し、理想がリアリティを持ち始めます。

未来の啓示、多様性、内面的充実といった「聖なる火」(射手座エッセンス)を社会の中で実際に使えるようにするための「器」(山羊座エッセンス)を求めていく週。

バラバラだった意見が少しずつ紐でくくられるように集まって、まとまりになり始めるタイミング。

高まった理想や精神論や未来への展望を「では、どうしようか」と具体的にルートを確認していきます。

蠍座の星模様

先週は火星が蠍座エリアを運行し「アグレッシブモード」でしたが、今週は火星が射手座に移動し、クールダウンしていきます。

火星の持つ「意欲」が自己財産の場所に入るため、衝動買いなどをしてしまうかも。大きな金額の買い物や株の売買などは慎重に。

知性を司る水星はコミュニケーションのエリアに入り、身近な人に手紙を書くような雰囲気。年賀状などの準備には良さそうな配置です。

また、友人との交流でビジネスの視点が刺激されたり、より建設的で有意義な対話が望めそうです。

満月は、仕事でもプライベートでも関係を深く繋ぐ相手について、関わり方の落としどころを発見することがテーマ。

連帯を大切にし、一体化させていくことは蠍座の得意技ですが、全体の調和を重んじるあまり、目の前の相手のパーソナリティを無視することがないようにしましょう。

与えるものと与えられるものが互いに作用しあっているのに気がつけば、より良い関係性の構築ができそう。

コントレックスは超硬水。サウナ後の水分補給に

サウナ後の水分補給。せっかくなら、超硬水の〈コントレックス〉でミネラル成分も一緒に摂取すべき

飲む / PR