Feel

Feel

感じる

12月13日〜12月19日 双子座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の双子座(5/21~6/21生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

今週は、12月19日に双子座で満月となります。双子座で新月が起きたのは、2021年6月。

双子座で月が見えなくなり、また満ちるまでのこの6か月間は、「知識を増やす」というテーマがありました。

この半年で、「知ること」により自分が成長できたか、イメージできるでしょうか、自分の内側にある価値観の解像度が上がる感覚でもあります。

散在する情報を収集し、対立構造や二面性のある事柄の問題点への理解の深まり。全体性を見つめていく学びを通じ、自己が不完全であることを受け止めながら内的葛藤を鎮める。

今週はそんな「一区切り感」や「到達感」を抱かせる満月のときです。

この満ちた感覚(満月)からまた学びと挑戦への道のりが展開していきます。その道を進むときは、奇をてらわない、オーソドックスで安心感のある方法をとることでしょう。

先週の叡智の探索や熱い議論の時間を過ぎ、13日に水星が山羊座に、14日は火星が射手座に移動し、理想がリアリティを持ち始めます。

未来の啓示、多様性、内面的充実といった「聖なる火」(射手座エッセンス)を社会の中で実際に使えるようにするための「器」(山羊座エッセンス)を求めていく週。

バラバラだった意見が少しずつ紐でくくられるように集まって、まとまりになり始めるタイミング。

高まった理想や精神論や未来への展望を「では、どうしようか」と具体的にルートを確認していきます。

双子座の星模様

先週思い描いた「こうだったらいいのにな」という希望を、具体的に目標へと切り替える週。

夢のような理想を描いたワンダーランドから、現実の世界に戻り始め、可能性を取り入れて計画を進めるタイミング。思考のスマート化。夢を叶えるなら現実と仲良く。

情熱の天体である火星が射手座に移動すると、対人関係に火が灯るイメージ。

「情熱的な存在」が現れ、共同作業に誘われるかもしれません。誰かからのオファーに対してなるべく前向きに応えること。ただし、火星の効果は過剰になるとトラブルも生み出します。なので、売り言葉に買い言葉の喧嘩には注意して、冷静さを持って契約書は3回見直しすること。

満月は双子座のエリアで起き、双子座にとっては影響の大きい節目になりそうです。

6月ごろから興味を持って学んでいたことがひとまずの終わりとなりそう。それは自己の限界を理解し、新しく学んでいくための小休止としての「終わり」です。

また、パートナーシップを司る場所である射手座に太陽がいる状態での満月なので、パートナーシップの見直しや契約内容の見直し、愛を告げることや別れを告げることにも向いています。片思いを終わらせて、次に行くような光景でもあります。