Feel

Feel

感じる

11月29日〜12月5日 山羊座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の山羊座(12/22~1/19生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

12月4日に射手座のエリアで月は新月を迎えます。今回の新月のテーマは「遺跡発掘」。そこにあるけれども、ずっと今まで見えなかった、地下の古代遺跡を探し当てる光景に似ています。

また、愛と幸運の天体の金星は運命を強調する冥王星と寄り添い、さらに存在感を高めます。輝く金星がまるでランタンの光となって遺跡発掘の地下道を照らします。

そこで発見されるのは、私たちが見失っていた「利他的な愛」や「執着心のない施し」「慈悲や慈愛」「寛容さ」です。

今よりもっと、相互理解が深まり、人と人との関わり方から緊張感が抜け、さりげない優しさで打ち解けあうための場面が広がります。

「射手座エリアの新月」は、来年の6月の「射手座エリアの満月」に収穫をするための「新しい種まき」です。ここから始めたことがより良い「心の発掘」へと繋がるように、人間としての強さと優しさを育てていきます。

新月の起きる「射手座のエリア」は、12の星座たちにとってそれぞれ違う「部屋」に配置されます。占星術で「部屋」とは、地上で起こる12の場面やシチュエーションを表し、同じ新月でもどの「部屋」にいるかによって意味が変わります。

新月は、「部屋」のテーマに合わせたアファメーション(宣誓)を天にするのにいいときです。「願いが叶った」という完了形で、箇条書きで5~10個の願い事を手帳や便箋に手書きします。結果は半年後の2022年6月に確認できます。※毎月新月があるので興味のあるテーマのときにやってみるのがいいでしょう。

今週は、星座ごとの「新月種蒔きのテーマ」を中心に読み、それぞれにおすすめのアファメーションも紹介します。

山羊座の星模様

山羊座にとって「隠れている深層心理」を表す部屋で起きる新月種まきのテーマは、「本当の自分に潜行して触れる」ことです。

新月の作用が山羊座にもたらすのは、よりプリミティブな精神の発掘調査。「役立たずでも存在価値はある」と腑に落ち、一皮むけるタイミング。

自己肯定感を山羊座が感じるときに、「いかに自分が役立っているか」ということがベースになっている傾向があります。

それはつまり、役に立たない自分には価値がない、という考えの裏返しでもあります。役に立ちたいという執着が生まれ、それは「何が何でも勝たなくては」という感覚に繋がります。

けれど今週、新月の作用と山羊座エリアを進行中の幸運の天体・金星、そして極端さをもたらす冥王星が、「勝ち方にも色々な方向性があるのだ」と気持ちを変化させます。

成功や賞賛にこだわらない心を持てそうです。

アファメーションテーマ

心や精神、自分の秘密にしている事柄についてアファメーションをすると吉。心が整いました、自分の軸が安定感を持ちました、秘密の計画がうまくいきました、など。

都心に突如現れた「カルティエ座」。愛がテーマの音楽の集い場に、BRUTUSから野村訓市が参加

都心に突如現れた「カルティエ座」。愛がテーマの音楽の集い場に、BRUTUSから野村訓市が参加

訪れる / PR