Feel

11月1日〜7日 射手座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の射手座(11/23~12/21生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

11月5日に蠍座のエリアで月は新月を迎えます。今回の新月のテーマは世界を「実験場」として捉えること。問題解決の直観力を求め、リスクを引き受ける勇気。そして新しい世界へ転換する集合意識をイメージするものです。

この世がどんな原理で動いていて、また何に支配されているのかということを知った人々が、それぞれの言葉を使って世の中にメッセージを紡いでいくような場面でもあります。

「蠍座エリアの新月」は、来年の5月の「蠍座エリアの満月」に収穫をするための「新しい種まき」です。ここから始めたことがより良い「実験場」へと育つように、失敗や迷走も必要なものとして受け入れられたら良さそうです。

新月の起きる「蠍座のエリア」は、12の星座たちにとってそれぞれ違う「部屋」に配置されます。占星術で「部屋」とは、地上で起こる12の場面やシチュエーションを表し、同じ新月でもどの「部屋」にいるかによって意味が変わります。今週は、星座ごとの「新月種まきのテーマ」を中心として読んでいきます。

射手座の星模様

射手座にとって「隠れている深層心理」を表す部屋で起きる新月種まきのテーマは、自分が無意識的にとっていた世界への対応を見直させ、違う視座で接していくことを促してくれそう。瞑想やヨガも良いインスピレーションをもたらすでしょう。

愛と美を司る金星が射手座にいることで魅力が増し、身近な範囲で人気者になったり、今まで近くにいた人と恋に落ちる可能性も高まります。

射手座はほかの星座に比べて自由度の高い時期なので、困っている人を見かけたら助けてあげましょう。

ジョニーウォーカーの最高の贈り方。「MONO NO AWARE」玉置周啓と〈Bar家鴨社〉店主・岡村修平が対談

飲む / PR