Wear

Wear

着る

Brutus Best Bets〈アンダーカバー〉のスラックス、〈ナイスネス〉のベストetc.

知れば欲しくなる。とっておきのニューアイテム。

Photo: Shu Yamamoto / Styling: Keisuke Shibahara / Text: Minori Okajima

NICENESS

ナイスネス ベスト


A面/B面、どっちも主役。

リバーシブルで着られるボタンレスのベストは〈ナイスネス〉の新作。ヒナギクの花びらを輪郭にあしらった柄は共通で、表面はカラフルに、裏面はシックなネイビーで表現。撥水性のあるコットンナイロンの上に、シルクグログランを用いたパッチワークとキルティングを施すことで、立体的に見せている。ジャケットやコートの上からでも羽織れるオーバーシルエット。129,800円(ナイスネス/イーライト TEL:03-6712-7034)

UNDERCOVER

終演後の余韻を楽しもう。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が7月21日に終映するも、話題が絶えないアニメ作品『エヴァンゲリオン』。世界中のファンの中で、〈アンダーカバー〉のデザイナー、高橋盾もその一人として知られる。2021年秋冬コレクションで発表されたコラボレーションは、プラグスーツに着想を得るなど、作品愛を感じるアイテムが豊富!スラックスは、シックな黒で上品な仕上がりに。74,800円(アンダーカバー TEL:03-5778-4805)

NOAH

ノア シャツ

老舗と作ったCPOシャツ。

〈ノア〉の魅力の一つは、アイテムごとに老舗のメーカーやブランドと継続的にタッグを組んでいること。カシミヤにおいては〈ジョシュアエリス〉がその相手だ。CPOシャツはブランド黎明期から定番で作り続けているアイテム。絶妙なパープルの色味は染色の工程で生み出される〈ジョシュア エリス〉ならではの色出し。〈ノア〉とウェアを作るのは今回3度目。162,800円(ノア/ノア クラブハウス TEL:03-5413-5030)

R+D.LAB×TOMORROWLAND

アールアンドディーラボ  トゥモローランド

たった2人の職人が作るグラス。

イタリアのデザインブランド〈アールアンドディーラボ〉が復刻したヴェネチアングラスは、耐久性に優れたスイス製のホウケイ酸ガラスが原料。イタリア・ヴェネト州にある手吹きガラスのアトリエで、たった2人の職人が一点ずつ息を吹き込んでいる。ピッチャーとグラスがセットになった「ボンニュイ」。各26,400円(アールアンドディーラボ×トゥモローランド/スーパー エー マーケット 青山 TEL:03-3423-8428)

SHIPS×ASAHI SHOES

シップス フォー アサヒ

70年代のシューズをイメージ。

1892年に福岡県久留米市で開業し、国内外のシューズブランドの生産を数多く手がけた〈アサヒシューズ〉。〈シップス〉が10年ぶりに別注したデッキシューズは、ミニマムなワントーン。70年代のアメリカ海軍モデルをベースに、日本人の足型にアレンジしている。昔ながらのヴァルカナイズド製法で耐久性も抜群だ。職人によって一足ずつ作られている。11,000円(シップス フォー アサヒ/シップス 渋谷店 TEL:03-3496-0481)