Brush

Brutus Best Beauty:リモートワーク時のビデオ映りを整える

グルーミングの一歩先へ。美しく生きることは男の義務です。

Illustration : Asami Hattori / Text: Kei Osawa / Supervision: Tsuyoshi Ode

リモートワークの際、

ビデオ会議での映りを

良くする方法はありますか?

ビデオ会議で久々に自らの顔を直視し、その疲弊ぶりに愕然とした人も多いのでは?今回は、シワやたるみ、くすみを解消する様々なグッズを紹介。中でもメイクアップは注目度が高い。そこで、FIVEISM×THREEのオフィシャルメイクアップアーティストであるHIROKIさんにリモートワーカー向けのアドバイスをもらった。

Q

手早く好印象を与える、顔のお手入れ法はありますか。

HIROKI

最も簡単なのはメイクアップすることです。ハードルが高いと感じる男性が多いですが、最近の男性用コスメは、洗顔やヒゲ剃りの延長としてグルーミング感覚でできます。肌の調子を全体的に整えるもので、ニキビ跡などの深刻なトラブルを隠すポイント用だけではなく、薄づきで自然な仕上がりの商品が揃っています。

Q

具体的に、どんなアイテムを使うのですか?

HIROKI

リキッドやスティック状のベースメイクを使います。頬の周りの赤みや、目の周りのくま、毛穴の開きなど、軽い肌トラブルを、目立たなくできます。

重要なのはあくまで肌の調子を整える程度に、自然に仕上げること。リキッドなら乳液を塗るように、薄く肌にのばすことができます。

Q

ベースメイクを選ぶうえで基準はありますか?

HIROKI

自分の肌の色(トーン)に合ったものを選ぶこと。最近ではメンズでもカラーバリエーションが豊富に揃ったので、お店でスタッフに相談すると最適な一本に出会えます。このご時世ということもあり、デジタル機器を使って色診断をするメーカーもあります。

Q

好印象を与える絶対条件として、ケアしておくべきパーツは?

田路めぐみ

相談を受ける中で「眠そう」とか「顔がぼんやりして見える」という悩みが多いのですが、そういう時に劇的に印象を変えられるのが眉毛。毛が薄い方は眉毛用のペンシルやマスカラで色をのせるだけで目元がはっきりして、印象が大きく変わります。アウトラインはいじらずに、少しずつ色をのせていくのがポイントです。

Q

顔が暗く映るのですが。

田路めぐみ

メイクの時もそうですが、顔全体に均一な光を当てることが大事。そして、ノートパソコンなどは、カメラを顔と同じくらいの高さに設置してください。前を向くだけで、光の当たり方が全然違ってくるんですよ。

テレワークで映える3つの裏ワザ。