Feel

Feel

感じる

雨宮零の改運指南:財運や仕事運を上げるには、古い紙の断捨離が効果的

「改運」とは、古来の中国の発想に倣ったもの。運は開くのではなく、良くも悪くも改まっていくという考えのもと、占い師・雨宮零さんが日常で使える改運法を伝授。前回の「『サラリーマンに金運なし』!? 定額の給与ならではの金運アップ」も読む。

Edit: Motoko KUROKI

10月は勢いがあり、活動的な気が満ち溢れるとき。このような時勢のときの努力と行動から今後の道がつくられます。ただし、勢いがつき過ぎて有頂天にもなりやすいので、心を引き締めながら正しい道を大切に。今回は前回に続き財運や仕事運に関連した改運をお伝えします。

財運や仕事運を上げたければ、古い紙の断捨離が効果的。デスクや本棚に溜まった古い紙を廃棄して仕事運に追い風を。

風水では、水をコントロールすることが財運を引き寄せると考えます。

身近な例ですと、使わない書類(古い紙)、本などを溜め込んでいるのはNG。そこに湿気(水分)が溜まることで陰の気が生じてしまい、結果的に財運や仕事運が落ちてくることになってしまうのです。頑張ってもなかなか成果が出ない、評価されない……というときには、思い切って古い紙の断捨離を。

じつは、努力と運は対極にあるものではなく、努力×運=成果という「掛け算」と考えるべきもの。いくら努力をしても、運の部分がマイナスになってしまうと、せっかくの努力も水の泡。

必要最低限の努力を数字の1としたとき、運のプラスの掛け率があっても、運の分しか成果は上がりません。しかし、さらに頑張った努力に運を掛けると、成果は増大!

そして、大切なのが、運だけに着目しないこと。努力が必要最低限以下の1未満になったときの結果は……?そう、折角の運の後押しがあっても、成果は減少してしまうのです。

10月は仕事運の後押しがあるときだからこそ、努力と運を活かして最大限の成果を狙ってくださいね。