Feel

雨宮零の改運指南:不運が続くときには「無駄金」を少し使ってみる

「改運」とは、古来の中国の発想に倣ったもの。運は開くのでなく、良くも悪くも改まっていくという考えのもと、占い師・雨宮零さんが日常で使える改運法を伝授。

Edit: Motoko KUROKI

9月は残念ながら、争い事が起こって、様々な関係性が悪化しやすい雰囲気が漂うとき。逆境に立たされやすいタイミングだからこそ、自分自身の運を整えることが大切です。そこで今回は、不運を流す方法をひとつ、お伝えします。

不運が続き、モヤモヤが晴れにくい……
そんなときには、「無駄金」を少し使ってみる。

「運が乗る」といわれるものがいくつかありますが、そのうちのひとつがお金です。

落ちているお金を拾うのは絶対にNG。お金を落とすという時点で落とし主は運が悪いといえ、「その人の不運が、落としたお金に乗っている」という考え方からです。もちろん、お財布の落とし物などは、キチンと交番に届けてあげれば大丈夫。これは、いわゆる「徳を積む」ことにもなります。

この「お金に運が乗る」という考え方を使い、無駄なお金を少し使ってみることで、不運や悪運を流すことができるのです。ここでのポイントは「無駄」。無駄という言葉にネガティブな印象を受けるかもしれませんが、無駄遣いとは違います。

シンプルに「リターンがある形ではお金を使わない」と考えてみてください。コンビニなどの募金箱に寄付をする、これは絶対に当たらないだろうという馬券を買う、お参りに行ってお賽銭をいつもより多めに入れるなどがオススメ。

これはいつでも使える不運脱却の方法ですので、なんだか運が滞っているな……と感じるときにはいつでも試してみてください。