キーワード

ウェブ

SORCERY DRESSING

恵比寿駅前にある間口2mほどの細長いビル。中に入ると植物が放つみずみずしい空気に包まれ、ここが駅前だと忘れてしまう。店主は花屋の2代目。料理人を経て、花の世界に入り、2014年に自らの店を構えた。切り花の棚にはブロッコリーやサトウキビも並ぶユニークさで、豪華なダリアにカジュアルなグリーンを合わせるなど、組み合わせの斬新さで花のイメージを広げてくれる。また花=高価という印象を崩したいとも。1本100

THE LITTLE SHOP OF FLOWERS

「花の選び方も、組み方もすべて独学」と笑う、店主の壱岐ゆかりさん。PR業を経て花屋の道へ。レストランに併設された小スペースからスタートし、今では原宿のキャットストリートに支店を構えるほどの人気だ。支持を集めているのは空気感のあるアレンジメント。野原で摘んだ花をそのまま束ねたようなナチュラルな組み方だが、色気のある色が絶妙に配され、華がありつつ甘さは控えめに仕上がる。店内にはガラス窓も多く、絞りや淡

COCHON

まるで画家のアトリエのような小部屋だ。店主の描いた絵や不思議なオブジェが点在し、その奥のテーブルに十数種の花が。数は厳選されているが、色形ともに存在感のある品種が並ぶ。店名はピエル・パオロ・パゾリーニの映画『豚小屋』から。学生時代はどっぷり映画を学び、その傍ら働くカフェで花の魅力に触れ、やがて花屋に就職。独立直前に欧州を旅し、そこで型にはまらず生きる人々と出会ったことが、今の花屋然としない店に繋が

パリのフローリスト。

いまのパリを代表するフローリストといえば、〈ドゥボーリュウ〉のピエール・バンシュロウをおいてほかにいない。モードの登竜門として知られる、南仏の『イエール国際モードフェスティバル』でのインスタレーションや、パリのファッションウィークのショー展示会場でのデコレーションなど、〈ドゥボーリュウ〉に花を頼むのはいまやステータスと言っていい。そんなピエールの花を誌面で紹介したいと相談したところ、墓地でのインス

珍奇植物栽培マニュアル 基本編

広辞苑で「珍奇」と引くと「めずらしく、奇妙なこと」とある。つまり珍奇植物とは、科や属などの分類的な垣根を越えて、珍しく奇妙な植物をおおまかにくくる場合の呼び方だ。自然が生んだ形に驚き、それを愛でてきた先人が、古くから言い習わしてきた呼称でもある。
「一地方でしか発見されない珍しい植物」「どこにでも分布する種であっても、形や生態が珍奇なもの」とは、かつて荒俣宏氏が博物学的花図鑑『花の王国』の第4巻で

私、「イエベ秋」です!

男性は「なんなの、え、名前?」なんて思われたでしょうか(笑)。これは美容好きさんの間で日常的な言葉。「イエベ」はイエローベース、「ブルベ」はブルーベースの略、つまり肌トーンのこと。もちろん日本人は黄色人種だから、イエベが多いです(VOCE編集部でも約20名の女子のうち、確実なブルベは1名)。診断方法は様々、例えば、腕の内側に浮き出る血管の色が、緑っぽいとイエベ、青っぽいとブルベ、なんて具合。さらに

「スウォッチもお願いします」

スイスの時計じゃないです(笑)。「swatch」とは英語で「見本」という意味。美容業界では、化粧品の色出しのこと。ここ数年、Instagramを中心にメジャーになってきた言葉で、今ではインスタに口紅などのメイクコスメを投稿すると、「スウォッチもお願いします」ってコメントがほぼ付きます。別に色なんて見ればわかるじゃん? でも違うんです。同じ赤いリップでも、シアー(透け感のある)なものも、高発色のもの

スニーカー株式市場の生みの親Josh Luberが語る、“スニーカー投資”の世界。

証券コードのような数字が流れる電光掲示板、そして高値がつくレアなスニーカーたち
  
史上初の「スニーカーの株式市場」といわれる〈ストックX〉の社内スタジオの光景である。この掲示板には「スニーカーヘッズ」と呼ばれるマニアたちが、〈ストックX〉上でスニーカーを売買する価格をもとに算定された今日の「相場」が映し出される。そして今、このプラットフォームでは2万6000足ものスニーカーが売買されている。

Back to the land 田舎に帰ろう。

「新築以上に手がかかったかも」と笑うのはアリソン・キャロル。ジェイとの結婚式を挙げた場所であるカリフォルニア州のジョシュア・ツリーが気に入り、家を購入したのが2015年。ロサンゼルスでの生活に見切りをつけ、2人は何の衒いもなく荒涼とした砂漠へと移り住んだ。
「改修する過程でできることは全部、自分たちの手でやりたかったので徹底して学びました」。砂漠暮らしの先輩たちにアドバイスをもらったり、ユーチュー