Eat

Eat

食べる

長年地元で愛され続ける老舗の味が大集合。定番餃子 Vol.1

家食の機会が増え、お取り寄せが人気を博する今、餃子界も群雄割拠の時代を迎えている。これまで店でしか味わえなかった逸品がお取り寄せできるようになり、選択肢も増加。ここでは、長年にわたり愛され続けている定番餃子をご紹介!

Photo: Kaori Oouchi, Natsumi Kakuto, Keiko Nakajima / Text: Mutsumi Hidaka, Emi Suzuki, Yumiko Ikeda / Edit: Ai Sakamoto / Styling: Chizu / Cooking: Namie Omi

〈音更宝永餃子(おとふけほうえい)〉
音更ぎょうざの宝永/北海道

● 創業40年余り。小さな食堂の女将が作る焼き餃子がルーツ。
● 女将亡き後、夫と息子が味を引き継ぎ、持ち帰り専門店に。
● 豚肉、鶏肉は地元・十勝産。
● キャベツやニンニク、ニラなどの野菜も北海道産が中心。
● 工房で一つ一つ手包みする。

¥970(約20個)。
もっちりした皮とパンチの効いたジューシーな餡で、幅広い年齢層に好まれる味。1個約30gと食べ応えもある。別売りの特製ダレ「餃子たべてちょ〜だい」も好評。

〈冷凍ハッスル餃子〉
フクヤ料食/群馬

● 1968年創業の餃子メーカーが作る群馬県民のソウルフード。
● 餡は野菜が9割で、甘味豊かな国産キャベツが味を形作る。
● シンプルにニラ、長ネギ、ニンニク、ショウガをプラス。
● 小ぶりであっさり軽い食べ心地。
● 皮は表面パリッと中はモチッ。

フクヤ料食/冷凍ハッスル餃子
フクヤ料食/冷凍ハッスル餃子
フクヤ料食/冷凍ハッスル餃子

¥1,800(60個)。
自社工場で一つ一つ丁寧に手包み。餡と皮が別々になった生餃子(60個分、¥1,400)も取り寄せ可。皮がしっかりしているので、焼きはもちろん、揚げ、蒸し、水餃子にも。

〈手作り餃子〉
中華料理 芙蓉亭/千葉

● 創業60年。1960年から続く家族経営の町中華の定番商品。
● 美しいヒダは手包みの証し。
● やや厚めの皮に餡をぎっしり。大ぶりで食べ応えがある。
● 国産の野菜と豚肉を使った餡は肉の割合多めで肉汁たっぷり。
● タレをつけなくても十分旨い。

中華料理 芙蓉亭/手作り餃子
中華料理 芙蓉亭/手作り餃子
中華料理 芙蓉亭/手作り餃子

¥3,240(30個)。
自家製ゴマラー油付き。たっぷりのゴマ油を熱し、唐辛子粉を加えて作るラー油は辛味より旨味が勝り、味のアクセントに。初回限定のお試し20個¥1,944(送料込み)もある。

〈冷凍餃子〉
ホワイト餃子 亀有店/東京

● 千葉県野田市の餃子専門店〈ホワイト餃子〉から暖簾(のれん)分け。
● 揚げ焼きした厚みのある皮は表面パリパリ、内側ふっくら。パンや饅頭の生地を思わせる。
● 豚肉など素材の旨味が豊かな餡は、ニンニク不使用。
● 子供の拳大でボリューミー。

ホワイト餃子 亀有店/冷凍餃子
ホワイト餃子 亀有店/冷凍餃子
ホワイト餃子 亀有店/冷凍餃子

¥960(24個)。
関東を中心に全国で展開する〈ホワイト餃子〉グループの一軒。師匠が満州で中国人の白さんに教わった本店の味を楽しめる。白菜とキャベツを中心に、タマネギ、ニラなど野菜を多く使った餡はヘルシー。自家製ラー油付き。