# レコード

111 Articles

  1. 仁村紗和が〈CITY COUNTRY CITY〉でレコードディグ。〈オーディオテクニカ〉で聴きたいレコードの話

    仁村紗和が〈CITY COUNTRY CITY〉でレコードディグ。〈オーディオテクニカ〉で聴きたいレコードの話

    Listen / PR

  2. 〈Bar MARTHA〉店内カウンター

    福山渉の店作りの哲学。Bar MARTHAがBar MARTHAである理由

    Talk

  3. コリン・デイヴィス指揮 ボストン響/シベリウス「交響曲第2番 ニ長調」レコードジャケット

    村上春樹の『続・古くて素敵なクラシック・レコードたち』:シベリウス 交響曲第2番 ニ長調 作品43

    Listen

  4. レオ・ブローウェルが演奏した、ドメニコ・スカルラッティ「ピアノ・ソナタ集」レコードジャケット

    村上春樹の『続・古くて素敵なクラシック・レコードたち』:ドメニコ・スカルラッティ ピアノ・ソナタ集 (ハープシコードなど編)

    Listen

  5. 『Scratch』The Crusaders

    フュージョンとレゲエどちらがお好き?『Scratch』ザ・クルセイダーズ。バラカンが選ぶ夏のレコード Vol.32

    Listen

  6. 『The Modern Jazz Quartet Plays George Gershwin's Porgy And Bess』Modern Jazz Quartet

    夏の夜に爽やかな「Summertime」をどうぞ。『The Modern Jazz Quartet Plays George Gershwin's Porgy And Bess』モダン・ジャズ・カルテット。バラカンが選ぶ夏のレコード Vol.31

    Listen

  7. 『New Moon Daughter』Cassandra Wilson

    pb推薦シールを貼りたい傑作。『New Moon Daughter』カサンドラ・ウィルスン。バラカンが選ぶ夏のレコード Vol.30

    Listen

  8. 『Tchamantché』Rokia Traoré

    マリ出身のクールなシンガー・ソングライター。『Tchamantché』ロキア・トラオレ。バラカンが選ぶ夏のレコード Vol.29

    Listen

  9. 『Copacabana』Sarah Vaughan

    〈JAZZ & BOOZE Milestone〉店主に聞く、店の個性際立つ夏のレコード5枚とその理由

    Listen

  10. 『If I Could Only Remember My Name』David Crosby

    こういうふわーっとしたレコードもいいよね。『If I Could Only Remember My Name』デイヴィッド・クロズビー。バラカンが選ぶ夏のレコード Vol.28

    Listen

  11. 『Unhalfbricking』Fairport Convention

    イギリス型フォーク・ロックの端緒を開いた傑作。『Unhalfbricking』フェアポート・コンヴェンション。バラカンが選ぶ夏のレコード Vol.27

    Listen

  12. 『Goin' Home』Albert Ayler

    〈珈琲と本と音楽 半空〉店主に聞く、店の個性際立つ夏のレコード5枚とその理由

    Listen

  13. 『Every Picture Tells A Story』Rod Stewart

    真剣に歌えば今でもきっとカッコイイはず。『Every Picture Tells A Story』ロッド・スチュワート。バラカンが選ぶ夏のレコード Vol.26

    Listen

  14. 『Among Friends』Art Pepper

    〈YORK〉店主に聞く、店の個性際立つ夏のレコード5枚とその理由

    Listen

  15. 『Come Away With Me』Norah Jones

    何事にも動揺しない精神こそ最大の才能?『Come Away With Me』ノーラ・ジョーンズ。バラカンが選ぶ夏のレコード Vol.25

    Listen

  16. 『Melodies』Lord Echo

    〈サウダーヂな夜〉店主に聞く、店の個性際立つ夏のレコード5枚とその理由

    Listen

  17. 『Do Right Man』Dan Penn

    南部の「正しい男」です。『Do Right Man』ダン・ペン。バラカンが選ぶ夏のレコード Vol.24

    Listen

  18. 『The Long Run』Eagles

    〈BAR EPITAPH〉店主に聞く、店の個性際立つ夏のレコード5枚とその理由

    Listen

  19. 『Curtis』Curtis Mayfield

    愛と信念のソウルのオールラウンダー。『Curtis』カーティス・メイフィールド。バラカンが選ぶ夏のレコード Vol.23

    Listen

  20. 『Rapture』Anita Baker

    〈SOULBAR 土佐屋〉店主に聞く、店の個性際立つ夏のレコード5枚とその理由

    Listen

  21. 『What's Going On』Marvin Gaye

    全曲がけ必至の傑作コンセプト・アルバム。『What's Going On』マーヴィン・ゲイ。バラカンが選ぶ夏のレコード Vol.22

    Listen

  22. 『Phoebe Snow』Phoebe Snow

    天に祝福された裏声を持つ女性シンガー。『Phoebe Snow』フィービ・スノウ。バラカンが選ぶ夏のレコード Vol.21

    Listen

  23. 『Hell』James Brown

    〈Cafe & Bar SUPER GOOD〉店主に聞く、店の個性際立つ夏のレコード5枚とその理由

    Listen

  24. 『My Favorite Tune』福居良

    〈chiba house〉店主に聞く、店の個性際立つ夏のレコード5枚とその理由

    Listen

仁村紗和が〈CITY COUNTRY CITY〉でレコードディグ。〈オーディオテクニカ〉で聴きたいレコードの話

仁村紗和が〈CITY COUNTRY CITY〉でレコードディグ。〈オーディオテクニカ〉で聴きたいレコードの話

Listen / PR

〈Bar MARTHA〉店内カウンター

福山渉の店作りの哲学。Bar MARTHAがBar MARTHAである理由

Talk

コリン・デイヴィス指揮 ボストン響/シベリウス「交響曲第2番 ニ長調」レコードジャケット

村上春樹の『続・古くて素敵なクラシック・レコードたち』:シベリウス 交響曲第2番 ニ長調 作品43

Listen

レオ・ブローウェルが演奏した、ドメニコ・スカルラッティ「ピアノ・ソナタ集」レコードジャケット

村上春樹の『続・古くて素敵なクラシック・レコードたち』:ドメニコ・スカルラッティ ピアノ・ソナタ集 (ハープシコードなど編)

Listen

『Scratch』The Crusaders

フュージョンとレゲエどちらがお好き?『Scratch』ザ・クルセイダーズ。バラカンが選ぶ夏のレコード Vol.32

Listen

『The Modern Jazz Quartet Plays George Gershwin's Porgy And Bess』Modern Jazz Quartet

夏の夜に爽やかな「Summertime」をどうぞ。『The Modern Jazz Quartet Plays George Gershwin's Porgy And Bess』モダン・ジャズ・カルテット。バラカンが選ぶ夏のレコード Vol.31

Listen

『New Moon Daughter』Cassandra Wilson

pb推薦シールを貼りたい傑作。『New Moon Daughter』カサンドラ・ウィルスン。バラカンが選ぶ夏のレコード Vol.30

Listen

『Tchamantché』Rokia Traoré

マリ出身のクールなシンガー・ソングライター。『Tchamantché』ロキア・トラオレ。バラカンが選ぶ夏のレコード Vol.29

Listen

『Copacabana』Sarah Vaughan

〈JAZZ & BOOZE Milestone〉店主に聞く、店の個性際立つ夏のレコード5枚とその理由

Listen

『If I Could Only Remember My Name』David Crosby

こういうふわーっとしたレコードもいいよね。『If I Could Only Remember My Name』デイヴィッド・クロズビー。バラカンが選ぶ夏のレコード Vol.28

Listen

『Unhalfbricking』Fairport Convention

イギリス型フォーク・ロックの端緒を開いた傑作。『Unhalfbricking』フェアポート・コンヴェンション。バラカンが選ぶ夏のレコード Vol.27

Listen

『Goin' Home』Albert Ayler

〈珈琲と本と音楽 半空〉店主に聞く、店の個性際立つ夏のレコード5枚とその理由

Listen

『Every Picture Tells A Story』Rod Stewart

真剣に歌えば今でもきっとカッコイイはず。『Every Picture Tells A Story』ロッド・スチュワート。バラカンが選ぶ夏のレコード Vol.26

Listen

『Among Friends』Art Pepper

〈YORK〉店主に聞く、店の個性際立つ夏のレコード5枚とその理由

Listen

『Come Away With Me』Norah Jones

何事にも動揺しない精神こそ最大の才能?『Come Away With Me』ノーラ・ジョーンズ。バラカンが選ぶ夏のレコード Vol.25

Listen

『Melodies』Lord Echo

〈サウダーヂな夜〉店主に聞く、店の個性際立つ夏のレコード5枚とその理由

Listen

『Do Right Man』Dan Penn

南部の「正しい男」です。『Do Right Man』ダン・ペン。バラカンが選ぶ夏のレコード Vol.24

Listen

『The Long Run』Eagles

〈BAR EPITAPH〉店主に聞く、店の個性際立つ夏のレコード5枚とその理由

Listen

『Curtis』Curtis Mayfield

愛と信念のソウルのオールラウンダー。『Curtis』カーティス・メイフィールド。バラカンが選ぶ夏のレコード Vol.23

Listen

『Rapture』Anita Baker

〈SOULBAR 土佐屋〉店主に聞く、店の個性際立つ夏のレコード5枚とその理由

Listen

『What's Going On』Marvin Gaye

全曲がけ必至の傑作コンセプト・アルバム。『What's Going On』マーヴィン・ゲイ。バラカンが選ぶ夏のレコード Vol.22

Listen

『Phoebe Snow』Phoebe Snow

天に祝福された裏声を持つ女性シンガー。『Phoebe Snow』フィービ・スノウ。バラカンが選ぶ夏のレコード Vol.21

Listen

『Hell』James Brown

〈Cafe & Bar SUPER GOOD〉店主に聞く、店の個性際立つ夏のレコード5枚とその理由

Listen

『My Favorite Tune』福居良

〈chiba house〉店主に聞く、店の個性際立つ夏のレコード5枚とその理由

Listen

01 / 05