Love

君と歩けば。根本宗子と愛犬・なつお

さんぽの「さ」も言い終わらないうちから、喜色満面。そう、犬はいつでもあなたを待っています。いつもの街、いつもの道を君と歩いていると、気づけば心もふわりと軽やか。そう、明日も、一緒に歩こう。

Photo: Kiyoe Ozawa / Text: Rio Hirai / Hair&make: Masayo

「短い足で懸命に歩く姿が好き。昔も今もダックスフンド一筋」

とにかく、ダックスフンドという犬種が好きで。胴長短足で一生懸命歩く姿形が何ともおかしくて愛らしい。子供の頃からダックスのイラストだけはうまく描けたんです。今飼っているなつおでダックスフンドは3代目。初代のピーくんと暮らし始めたのが小学校高学年で、その数年後に息子のナッツがやってきました。

なつおの名前の由来は、ナッツにそっくりな顔立ちだったから。そういえば、ピーとナッツが生きていた頃、両親が散歩中にピーくんとはぐれてしまったことがあって。それまで当たり前に一緒に過ごしていたのに、今日を境に一生会えないかもしれないと思ったとき初めて「死」というものを意識したんです。

結局無事に帰ってきてみんなで喜んだんですけど、あの日のことは忘れません。私たち家族にとって犬を介して生まれるコミュニケーションは大切で、今もなつおがいてくれるおかげで会話が盛り上がるし、家族で会う頻度もぐっと増えました。

根本宗子と愛犬なつお