キーワード

プレーン

[ 関東 ]江戸の伝統と平成の技術が出会う場所。

地域ごとに、気候風土が異なる日本列島。津々浦々を探してみると、その土地の風土に合わせ進化した、特徴あふれる調味料が選びきれないほど見つかります。土地と食材の魅力を知り尽くした料理人たちに、お薦めの3品を教えてもらいました。使い方のワンポイントアドバイスを参考にしながら、調味料で日本一周してみては?

CHURCH'S

 皮革製品・靴製造業の中心地、ノーザンプトンで1873年に開業し、以来英国を代表する紳士靴を、昔とほとんど変わらぬ製法で作り続けているチャーチ。250以上に及ぶ工程のほとんどが熟練の職人による手作業で進められ、革の切り出しから数えると、1足の靴が完成するまでに約8週間を要する。最盛期には3000軒以上も軒を連ねていた靴工場も、今では数えるほどになってしまった。そうした状況の中でも、チャーチはクラフ

スニーカーなのに本格スペック。

スニーカーなのに本格スペック。

世界最大のスポーツ見本市『ISPO 2018』のハイキング&トレッキングフットウェア部門で、見事に金賞を受賞した《エキソストライク》の新モデルが登場。アッパーには防水性に優れたゴアテックス素材を使い、衝撃吸収性のあるソールを採用。街と山の両フィールドで活躍する機能を踏襲した。31,000円(エコー/エコージャパン☎0120・974・010)

黒一色のモードな足元。

黒一色のモードな足元。

春夏コレクションの定番となった〈エルメス〉のエスパドリーユから、シックなオールブラックが登場。今シーズンは、肌にしっとりと馴染む柔らかいナッパレザーを使った、素足でも快適な履き心地。レザーソールにジュート素材を巻きつけて美しく仕上げ、細部まで丁寧な職人技が光る一足。86,000円(エルメス/エルメスジャポン☎03・3569・3300)

しかるべき余白がものを引き立てる。ゆとりを残したマンションリノベーション。

 玄関を開けると、すぐにまた3つの扉が現れた。右手の扉はアトリエへ、正面の扉は住居へ続き、残りの1つは洗面所。アトリエも住居もそれぞれ十分な広さがある。
 ここは芦屋の住宅地に立つ築44年のマンションの一室。150㎡の広さがあり、前の住人は3世帯で暮らしていたという。今の住人は額装職人の向井理依子さんで「仕事と生活を分けたくて」と、元の6LDKを玄関すぐで仕切る間取りに改装。アトリエに来る額装教室

限定ラインが本格始動。

昨秋に一日だけゲリラ発売された〈アディダス オリジナルス バイ アレキサンダー ワン〉が本格デビュー。ロゴが逆さになったゲームシャツなど、ユースカルチャーを皮肉ったデザイン。両ブランドの直営店を中心に4月展開予定。17,000円(アディダス オリジナルス バイ アレキサンダー ワン/アディダスグループお客様窓口☎0570・033・033)

MY CRAZY POP

 フランスでも、ポップコーンといえば、映画館や遊園地で食べる塩味のスナックだった。それを、健康的で洗練されたものに昇華させたポップコーンのコンセプトショップが、ここ〈MY CRAZY POP〉だ。
 発案者のクリステルさんが、ポ
ップコーンのオリジナル店を作りたいと決心したのが2006年。着々と準備を進め、TVの料理人勝ち抜き番組に参加して一躍時の人となった料理コンサルタントのナタリーさんと2人で