キーワード

数量限定

名作をオリジナルカラーで。

1990年代に流行した〈リーボック クラシック〉の名作《DAYTONA DMX》が、〈ヴァイナル アーカイブ〉の別注で一新。モダンなカラーリングで当ブランドらしさを表現しつつ、クラシックなフォルムと機能性はそのまま採用した。各16,000円(リーボック クラシック×ヴァイナル アーカイブ/リーボック アディダスグループお客様窓口☎0570・033・033)

イニシャルが揃うネックレス。

2019年春夏コレクションより、クリエイティブ・ディレクターにエディ・スリマンが就任し、ファッション界の話題となっている〈セリーヌ バイ エディ・スリマン〉。アルファベット26文字がすべて揃う新作のペンダントは、繊細な印象のディテールがポイント。各52,000円(セリーヌ バイ エディ・スリマン/セリーヌ ジャパン☎03・5414・1401)

赤司農園の桃|東森俊二

 6月中旬に予約が始まると、瞬く間に完売する〈赤司農園〉の桃。大玉の川中島白桃と黄金桃を育てている。「赤司さんのこだわりは、桃がおいしくなったその瞬間にしか発送しないこと。“旬”とはこういうことかと驚かされます」。桃は数日でも早く枝からもぐと、柔らかくならず、味も薄まる。熟れて実が落ちるのを覚悟で、待って待って、今だ! という時に収穫する。ゆえに注文時に発送日時は指定できない。「ここの桃は香りも素

柿之屋のブドウ|田中博子

 福岡県朝倉市で十数種のブドウを育てる〈柿之屋〉。巨峰など定番種に加え、伊豆錦、高妻、安芸クイーン、ゴルビー、翠峰、黄玉などを栽培。注文時に旬を迎えた品種を厳選し、詰め合わせにしてくれる。「出会いは福岡の若手農家グループ〈アグリオールスターズ〉のイベント。その会場が柿之屋の農園だったんです」。園主は36歳の秋吉智博さん。高校生で父を亡くし、家業を継ぐことを決意。父の残したノートを頼りに理想の味を模

木型まで特注したコラボ企画。

「エラ」や「オーセンティック」と並んで人気を誇る〈バンズ〉のスリッポンに〈ホワイトマウンテニアリング〉の今季の象徴的なパーム柄をプリント。より足馴染みをよくするためにシャープにアレンジした木型を使用。メンズ、レディースサイズを展開。9,500円(ホワイトマウンテニアリング×バンズ/ホワイトマウンテニアリング☎03・6416・5381)

細かな道具の片づけに。

デスク周りの小物などの収納に便利な取っ手付きの収納トレー。本体素材はポリプロピレン製で、内部には整理のしやすい間仕切り付き。木製の取っ手が備えられているので持ち運びも簡単だ。デザインはスイスを拠点にするユニット、ビッグゲームによるもの。〈アレッシィ〉の新作だ。7,000円(アレッシィ/アレッシィ ショップ青山☎03・5770・3500)

氷壁の宿 徳澤園

 1955年、切れるはずのないザイルが切れて墜死したクライマー。前穂高岳東壁で起きた事故をモデルに描かれた小説『氷壁』は登山者必読の名著。山を愛した著者・井上靖は、前穂高岳を望む徳澤園を定宿に多くの作品を執筆しました。談話室には『氷壁』の自筆原稿が。実際の穂高を見上げて読む『氷壁』は、スリリングで、美しい山の世界を教えてくれます。