キーワード

鋤田正義

「“現在進行形の鋤田正義”を見られる映画」と箭内道彦は言った。

鋤田正義 前に一緒に湖に行ったよね。
箭内道彦 ええ、福島でやってる『風とロック芋煮会』ですね。プログラムが終わった夜中の1時から「公開PV撮影」というのをやって、そこで鋤田さんにムービーを回してもらったんですよね。
鋤田 そうそう。
箭内 僕は、巨匠の無駄遣いじゃないけれど(笑)、巨匠にそういう無茶を頼むのがすごく大切で面白いと思っていて。
鋤田 いやぁ、楽しかったですよ。ああいう依頼はまずない

DAVID BOWIE is’ VIP Special Preview Reception Party

稀代のアーティスト、デヴィッド・ボウイの50年間にわたる創作活動を振り返る大回顧展が「DAVID BOWIE is」。これまで世界9都市を巡回し、延べ約160万人を動員した人気の展覧会が、アジアでは唯一となる日本で開催中です。そのオープニングパーティには、19
70年代にボウイの衣装をデザインした山本寛斎さんや40年以上にわたって彼を撮り続けた写真家の鋤田正義さんなど、デヴィッド・ボウイとゆかりの

鮮やかに蘇る、1960〜70年代の東京風景。

 1968年10月26日。細野晴臣(21歳)、松本隆(19歳)、野上眞宏(21歳)の3人は、目白にある野上の実家でグダグダとしながら朝を迎えた。その前夜、細野と松本はバーンズというアマチュアバンドで青山のディスコ〈コッチ〉の"箱バン"を務め、細野の同級生だった野上はその演奏を聴きに行っていた。徹夜明けの朝、東京はめずらしく靄が立ちこめていた。野上はふと引き出しにしまったままのニコンFを取り出し「写