キーワード

アンダーワールド

イーノ・ハイドが2枚連続でアルバム発表。豪快な制作秘話を公開。

1970年代にシンセサイザー奏者としてキャリアをスタートさせたブライアン・イーノ。アンビエントミュージックを確立し、デヴィッド・バーンとアフリカ音楽を探求。プロデューサーとして参加したデヴィッド・ボウイのベルリン3部作など、イーノが取り組んできたプロジェクトは常に前例がないため、誰もが発表当初は“実験的”と評するが、後にポップフィールドにおいて定番となる音楽が多い。2000年以降アート色の強いプロ

数々の名曲が生まれたスタジオへ潜入。|ブライアン・イーノ

 アンビエントミュージックの創始者にして、マイクロソフト社「Windows 95」の起動音の作曲者。自身の音楽制作と並行して、1970年代からデヴィッド・ボウイ、近年ではコールドプレイのプロデュースなど。ソロデビューから40年を迎えた御大は、いまだ衰えを知らないご様子。つい先頃、アンダーワールドのカール・ハイドとのプロジェクトで、2枚連続リリースを果たしたばかりだ。「“プロモーションに時間を取られ

ダニー・ボイル演出の秘密がこの一冊に。

 ベネディクト・カンバーバッチなる、中世の高貴な宗教的装飾品を思わせる名前が、デイヴィッド・ベッカム以来のフィーバーを、極東の腐、おっといけない貴女子の間に引きおこしたのは、昨年の来日時ですよね。いうまでもなく、コナン・ドイルが創作した名探偵シャーロック・ホームズを21世紀ロンドンへ移しかえたTV版『シャーロック』に主演したことが、カンバーバッチのスーパー・ブレイクの始まりでした。
 そのフィーバ