キーワード

柴崎友香

芝居を通じて、コミュニケーションが生まれているかどうか、それを見ている。

本年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出された『寝ても覚めても』は、東京藝術大学大学院映像研究科を経て、前作『ハッピーアワー』で各国国際映画祭の主要賞を受賞した濱口竜介監督による新作。“濱口メソッド”とでもいうべき独自の演出法によって、決して説明的でない、それでいて雄弁で力強い演技を役者たちから引き出している。2人の男性の間で揺れ動くヒロインに扮し、この作品で本格的な演技デビューを飾った唐

エレノア・コッポラ監督が紡いだ、大人の男女のフランス旅。

80代にして、エレノア・コッポラが初めて撮ったフィクション映画『ボンジュール、アン』は、とてもチャーミングな作品。映画プロデューサーの夫と、家庭を支えてきたアン(ダイアン・レイン)が、ある事情で夫の仕事仲間のジャック(アルノー・ヴィアール)と2人、カンヌからパリまで車で移動することに。ところが、人生を謳歌する典型的フランス男性・ジャックのせいで寄り道ばかり。目的地まで最短コースを突進しがちな日本人