キーワード

息子たち

可愛くて才能があると思って育ったみたい(笑)。|湯川れい子

生まれは東京の目黒です。駒沢公園がまだ日本で2番目に古いゴルフ場で、戦争が激しくなり草ぼうぼうの野原でした。父は海軍勤めで、先祖代々は山形県の米沢藩出身。上杉鷹山の教えは文武両道でしたが、小さな藩だったので海軍兵学校を目指す人が多かったようです。叔父たちもみんな海軍で少将や大将と言われる人たちでした。父は青島や上海の駐在武官を13年ほどやって、日本の本部勤務になったときに私が生まれました。だから私

暮らしの実験から始まった、成長する家。

 心の住宅街にふと現れる、コンクリート打ち放しの建物。黒いスチールサッシで引き締められた姿は清冽で、築60年以上経つとは、にわかには信じがたい。
 建てられたきっかけは雑誌『モダンリビング』の企画「ケーススタディ・ハウス」だった。このタイトルにピンとくる人も多いはず。そう、1940年代のアメリカ西海岸で始まり、チャールズ&レイ・イームズら錚々たる建築家が参画した実験住宅プロジェクト「ケース・スタデ

Selfbuild|家族がその時々に必要とする空間を、 自分の力と速度でつくり続けながら、住む。

無駄のない住空間。そんな言葉がふさわしいのは、実は一見モノが多いようにも見えるこんな家なのではないか。始めに大きな箱を準備し、家族や生活の変化に合わせ、自分の手で必要な空間をつくってきた、川畑健一郎さんの住まい。そのセルフビルドの極意とは。

 Playmountainの家具製作などを初期より手がけ、現在は、インテリア設計や、家具のデザイン・製作などを行う川畑健一郎さん。彼が実家のある鹿児島に工房

仕事を超えて人生に入り込んできた、第二の故郷でアートをパチリ。|濱田英明

この春、人生初のふらり旅をしました。思い立ったが吉日と、2人の息子を連れて小豆島へ。寸前でフェリーを逃したり、立ち寄った姫路城が激混みだったり、いくつかのハプニングも乗り越え、大阪を出てから7時間後にようやく到着。実はこの島は、2013年は瀬戸内国際芸術祭の撮影に、翌年は小豆島町独自のアートイベント、昨年は劇団〈ままごと〉の公演に関わっていたため、毎年、数十日単位で滞在している馴染みの場所。初日は

Gods Own Junkyard

 40年間、精力的にネオンアートを作り続けた男が、昨年11月にこの世を去った。クリストファー・ブレイシー。ソーホーの歓楽街を歩けば目に入る、あらゆるネオンの生みの親であり、スタンリー・キューブリックの『アイズ ワイド シャット』や、バットマンシリーズなどのヒット映画に作品を提供。息子たちが家業を引き継いだ倉庫には、映画や広告の大道具、古いショップサインなどが無秩序に、けれど最高に楽しげに輝いている

テーマ〈続・集団的〉

やつい 知り合いの社長が「俺は差別主義者だ」って突然言いだしたんですよ。中国の人と仕事しようとして、騙されたかなんかで。
宮沢 騙されたのがアメリカ人だったらアメリカ嫌いだろ。
やつい そうなんですよ。でも思想的なものがちょうどマッチングしたんでしょうね、突然、右翼だって言いだして。ただお金をとられたっていうだけですけどね。
宮沢 そこに思想を当てはめたと。
やつい だと思います。でも中華料理とか

父と息子。

「父子鷹」といえば、『巨人の星』の星一徹&飛雄馬の親子があまりにも有名だが、現実世界では長嶋茂雄&一茂、ほかではヤンキースで活躍する黒田博樹の父も、かつては南海ホークスの選手だった。それでも日本では、アメリカに比べると親子プロ野球選手の数は少ないように感じる。親子そろって大成功した人がパッと頭に浮かばないからだ。
 アメリカではカル・リプケンとジュニア、ケン・グリフィとジュニアなど、息子たちの方が

お悩み別 子どものモノとの付き合い方。

A 息子もドングリ、木の枝、落ち葉、石、ダンゴムシ(!)と、ポケットいっぱいに何でも拾ってきます。いらないだろうと思って捨ててしまうと怒られたりして……。どれを取っておけばよいかわからないので、いっそ木の実や松ぼっくりはディスプレイしてみました。大きめのガラスのジャーに入れるだけで、ちょっとしたオブジェになります。(松田さん)