キーワード

松田優作

ストイックさとコミカルが同居、タフでやさしい男たち。

 撮影現場で気に食わないところがあれば年上でも年下でも食ってかかる。多少の荒っぽい行動も許されてしまうのは、みんな松田優作の魅力や情熱に打たれたからでしょう。デビュー作ではやる気のないマリファナ好きのチンピラを演じましたが、ジェット・リーの影響でアクションに開眼、海軍特殊部隊とのトレーニングで素晴らしい肉体を作り上げたジェイソン・ステイサムは今最もスーツが似合うアクション俳優。パンクロック創成期よ

松田優作の愛した店。

 ミーハー嫌いで、みんなが行くところには俺は行かない。そんな信条を持つ松田優作が愛した店、〈LADY JANE〉は、1975年から続く下北沢にあるジャズバー。オーナーの大木雄高さんは、小劇団を主宰していた頃、演劇つながりで松田優作と知り合ったという。好きなお酒は、バーボンやラム。飲みながら演技について語るときも、人に不条理に響く言葉を選ぶ、感覚的な話しぶり。映画から片時も離れないまま飲み、企画を練