キーワード

ニッポン

Onitsuka Tiger | 生産から二次加工まで、 手作業から生まれる味。

日本生まれのブランド〈オニツカタイガー〉が2008年から展開している「ニッポンメイド」は、日本製にこだわるハイエンドライン。生産は鳥取県境港市にある山陰アシックス工業で行われ、その製品にさらに職人の手で二次加工を施すのが大きな特徴だ。洗いや染めなどの加工を手がける東大阪市の工房を訪ねた。
 
佐川勝さんが1972年に創業した工房は、草履から始まり、アパレルやバッグなど革製品の加工を手がけていた。「

モテてたら子持ちの年上の女と結婚してないよ(笑)。|野村克也

 お前の肩じゃ1軍は無理だと言われてね。肩の強さは天性だと。だが先輩で2人ほど、遠投がいいって。試合、練習後の無人の球場で、毎日遠投をやった。恥ずかしい話だけど、ある日、1軍の堀江さんに「キャッチボールやってくれ」と言われたんだ。緊張して投げるとボールが変化してしょうがない。緊張すればするほど変化する。「ボールどないして握ってるんだ?」と、見せたら頭を思いっきりぶん殴られて、「プロのくせに握り方も

ニッポン代表、国際化の波。

 日本のオリンピック選手も、ハーフの選手が増えましたな。これまでだって、ハンマー投げの室伏広治のお母さんはルーマニア人だったし、特に陸上では目立つ存在ではありました。今度のリオでも、男子100mのケンブリッジ飛鳥が代表的ですな。東京オリンピックに向けては、女子バレーで宮部藍梨(金蘭会高校3年)、男子バスケットだと八村塁(今年の秋からアメリカのゴンザガ大に進学)などのハーフの選手が脚光を浴びる時代に

ラジオの歴史が大きく動いた5年間。

2010年に運用が始まった「radiko」の存在は大きいですね。大都市のAMでは高層ビルなどの増加で、20年前の半分程度の電波しか受信機に届かなくなったといわれています。それを解消したのがradiko。PCやスマホ等でラジオが聴けるようになったのは画期的でした。
 
そのラジオが見直されるきっかけとなったのが、東日本大震災。地震の発生直後、災害用のメールアドレスを普段から告知していた東北放送には、

「見えないからこそ想像力を刺激される。 ラジオのあの感じが楽しいんです」宮藤官九郎

ラジオの不親切さが好きです。

僕がラジオに夢中になったのは中高生の頃。
『オールナイトニッポン』でビートたけしさんは
僕が見たことも聞いたこともない人の話をして、
一方、とんねるずはといえば、テレビでは絶対に見せられない
投稿写真をネタにラジオの向こう側で、毎週爆笑していました。

「早く寝ろ!」と親に叱られながらも、
布団のなかでヘッドホンして「俺も見てぇ!」と
歯嚙み、想像するしかなかった。

和久 偉/パイプ&葉巻伝道師

○掲載号/753号「歩こう。」
○きっかけ/バイトで入った喫煙具専門店の〈Kagaya新宿店〉でタバコとは違う、上質な味や香りに出会う。その日のうちに、パイプも葉巻も買っていたという。
○勉強家/すっかりパイプ&葉巻の魅力に取り憑かれた和久さんは、もっと色々と知りたい欲求が生まれ勉強を重ねる。気づけば、お店イチの知識を持つまでに。
○普及活動/ほかの人にも素晴らしさを知ってもらおうと、色々とイベン