キーワード

オッケー

芝居を通じて、コミュニケーションが生まれているかどうか、それを見ている。

本年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出された『寝ても覚めても』は、東京藝術大学大学院映像研究科を経て、前作『ハッピーアワー』で各国国際映画祭の主要賞を受賞した濱口竜介監督による新作。“濱口メソッド”とでもいうべき独自の演出法によって、決して説明的でない、それでいて雄弁で力強い演技を役者たちから引き出している。2人の男性の間で揺れ動くヒロインに扮し、この作品で本格的な演技デビューを飾った唐

ある加害者家族の物語は、果たして悲劇か、喜劇か?

第57回岸田國士戯曲賞受賞の作・演出家にして俳優、赤堀雅秋による監督2作目『葛城事件』は自身の舞台を映画化したもの。抑圧的な父と無差別殺傷の罪で死刑囚となった次男の関係を軸に、ある加害者家族の姿を見つめた衝撃作だ。次男に扮した舞台版と異なり、映画では温厚な長男を演じた新井浩文と赤堀が、この濃密な人間ドラマを語る。

100%の完璧は求めない。ヴィンテージマンションのロフト生活。

 東京は六本木の一等地に立つ、築43年のマンションの最上階。ドアを開けて広がるのは、リビングからベッドルームまでをドカーンと見通す、90平米のワンルームだ。
「NYやアムステルダムのロフト・アパートみたいなところに住みたかったんです」と住人のオステアー・クリストファーさんは話す。住み始めて1年半。以前はマンションのオーナー事務所として使われていた部屋で、改装前提で借り、大規模なスケルトンリノベーシ

女性といる彼氏に嫉妬してしまう。

彼氏が女性向けのイベント制作会社で働いています。職場では常に女性たちに囲まれているし、女友達も多くて。仕事の流れとはいえ、女の子と2人で食事に行ったりされると気になって仕方ない。我慢ならずに探りを入れたりする自分の心の小ささや嫉妬心も嫌で、どうにか安心したいのですがアドバイスをください。(会社員/26歳/女)

悪い時期の乗り切り方は?

今年、前厄を迎えた途端、ギックリ腰、インフルエンザと災難続きで、仕事にも支障をきたしています。正月に厄祓いに行かなかったからかもしれませんが、これから2年先の後厄まで恐ろしいことが待ち受けているかと思うと、不安で仕方ありません。こういう良くない時期って、どう乗り切ればよいのでしょうか。(建築家/39歳/男)

西洋の古楽器を作りながら、築150年の古民家に暮らす。

 東に水田と麦畑が広がり、西には鬱蒼とした森と竹林。いまだ縄文時代の生態系が残る静かな山里で、築150年の古民家に暮らしているのが、松本公博さんの家族。ルネサンス期の弦楽器や中世の竹製楽器など、今は絶えてしまった「古楽器」を復元製作するのが生業だ。敷地内の工房には、ウクレレの原形となった15世紀の4コースギターや竹のリコーダーなど、製作途中の古楽器が並んでいる。「この40年間ずっと、古くて新しい音

カラオケで最初に歌うべき曲は?

社内でも一番年下で、キャラもそうさせるので仕方ないのですが、誰とカラオケに行っても必ず最初に何か入れさせられます。いつも誰と行くかにかかわらず、ブラックビスケッツの「タイミング」
を2小節くらい歌って女子にマイクを渡すのですが、どうするのがベストなのでしょう。みなさんなら何を歌いますか?(会社員/29歳/男)