キーワード

勝新太郎

僧侶であり作家が描く、 河内闘鶏ワールドへ。

 河内の僧侶兼作家の今東光に『闘鶏』という短編があったことを思い出させたのは、扶桑社ミステリーからチャールズ・ウィルフォード『コックファイター』(齋藤浩太訳)が刊行され、その解説を小生が担当し、そういえばわが国でも同様のコックファイト小説があったな、と記憶を探ったからである。今東光は『お吟さま』で昭和31(1956)年下半期の第36回直木賞を受賞した作家であり、これまで2度映画化もされた彼の代表作

ひたむきにすべてを引き受ける男らしい姿勢に憧れる。

 師匠の立川談笑は、ほとんど怒ることがありません。前座修業の際も怒られたことは一度もありませんでした。「自分にとって不都合なことが起きた時、どれだけ紳士的に振る舞えるか」という心がけを師匠が大事にされていることは後で知りました。バカリズムさんはテレビ番組に多数出演されていて多忙にもかかわらず、定期的な単独ライブを継続されているところや毎回新しい切り口のネタを発明され続けているストイックさに憧れます

勝 新太郎の愛した店。

 赤坂の飲み屋街にある酒場〈田賀〉は、勝新太郎主演『不知火檢校』のポスターやゆかりの写真などが所狭しと飾られた、カウンターとボックス席の空間。伝説のラテンバンド、東京キューバンボーイズでサックスを吹いていた店主、田中泰夫さんと旧知の仲だった勝は、玉緒夫人と2人で気兼ねなく飲める場所として、この店を愛した。生ビールにテキーラを垂らす愛飲の酒は、“廻り花ドリンク”と命名され「浮世の花は、廻り花」の手書

師匠を持てば大丈夫。|水道橋博士

 園子温が彼の著書『非道に生きる』で言ってることでもあるんだけれど、人間、何歳になっても人生のロールモデルが必要なんです。20代のときは30〜40代の、50代になれば60〜70代の、自分の人生が引っ張られる誰かの人生のストーリーを追いかけていたい。“師匠を持つ”という概念に近いと思う。そういう意味で、僕はずっと(ビート)たけしさんを追いかけているんです。それは、ビートたけしのストーリーを記すためで