キーワード

アイビー

chibi

可愛らしい店名とは裏腹に、〈chibi〉は武骨でワイルドだ。荒々しい流木が店内にドスンと鎮座し、奥の棚には渋みのあるドライフラワーがぎっしり。店主の芳賀規良さんも“アニキ”のような存在で、彼の審美眼に惚れ込んで足繁く通うスタイリストやアパレル関係者が多いというのも深く頷けるぐらい、店内に並ぶ季節の花はどれも男の色気が漂う。ブーケを見れば一目瞭然。「テーマは無題。好きなものを気分で組み合わせました」

オイルドコートとデニム|ゴーチェ・ボルサレロ

パリのライフスタイルマガジン『ホリデー』から派生したアパレルブランド、ホリデーボワロのスタイルディレクターとして活躍するゴーチェ・ボルサレロさん。パリ16区のボワロ通りにフラッグシップショップも構え、地下にはヴィンテージ好きの彼が注力した古着のアポイントメント制ショールームも併設している。また最近では、フランスの男の子たちにハイファッションとカジュアル、古着をミックスしたお洒落を提案すべく『レティ

やっぱビートたけしの毒はカッコいいよね。|スチャダラパー&ロボ宙

B&B
「消防士ネタ」
消防士の手順を洋七が洋八に教える超高速漫才の傑作。いつもは洋七がボケで洋八がツッコミだがこのネタでは逆転する。

ツービート
「常識を疑う毒舌ネタ」
ビートたけしの毒舌は世間の常識に対して疑問を呈するものが多かった。その代表が「赤信号みんなで渡れば怖くない」。

ナイツ
「吉幾三ネタ」
2015年『M−1グランプリ』敗者復活戦で披露。ツッコミの土屋が「俺ら東京さ行ぐだ」を歌

HEY GENTLEMAN CAFÉ

 ネクタイを緩めた紳士のオフタイム“ルーズトラディショナル”をコンセプトに、オーダースーツ、オリジナルブランド、古着で構成。ヴィンテージ・ハリスツイードは日本最大級の品揃えだ。特筆すべきは、店主の馬場丈雅さんがアメリカでイギリスものを買い付けているということ。それは英国ものが揃うアメリカのヴィンテージショップ、ボビーフロムボストンへの憧れから。ヘイジェントルマンカフェにはアイビー由来の英国スクール

アイビーの王道、クルーカットって何?

 アイビーの王道ヘアスタイルといえば、やはり「クルーカット」だろう。もともとはイギリス・プリンストン大学のボート部のCrewたちの間で流行したヘアスタイルで、トップからサイド、バックを短く刈り、フロントのみを少し長めに残すスタイル。いわゆるG・Iカットのような角刈りに近いスタイルと混同されがちだが、角を丸く刈って柔らかで上品なイメージに仕上げるのが本来のクルーカットだ。
 このクルーカットの日本で

日々の暮らしを共にし、いつしか自分と一体化した“切り離せない”存在。

「手放せない」という表現には、単に「捨てられない」とか「買い替えられない」という意味だけにとどまらない、独自のニュアンスがあるように思う。「手放す」を英語で言えば“part with〜”。「part=分ける、切り離す」だから、裏を返せばそれが「自分の一部である」ということ。さすれば、日々の暮らしを共にし、自分の体に寄り添う肌着の類いなら、なおさらその思いも深い。加瀬亮さんが「もとは極寒地でのロケ用