キーワード

手塚治虫

映画はお金を稼ぐ手段ではなく、使命だと教えてくれた。| 手塚眞

「漫画の神様」と呼ばれる漫画家・手塚治虫を父に持つヴィジュアリストの手塚眞さん。幼い頃から父の漫画やアニメに親しみ、高校時代には映画を作り始めた。映像という表現の世界で生きていくことを選び、これまでに『星くず兄弟の伝説』や『白痴』など数々の作品を発表。公開待機中の手塚治虫原作の映画『ばるぼら』でも監督を務めた。
「父は僕が27歳の時に他界しました。寝る間も惜しんで仕事をしていた人で、ゆっくり顔を合

大学教授が分析 ヒップホップカルチャーで読み解く『ヒプマイ』。

「ここ10年ほど、キャラクターコンテンツとヒップホップの相性はいいんじゃないかと考えていました。まず、アイドルを主人公にした音楽ゲームや、声優さんをアイドルグループとしてデビューさせることが一般的になり、キャラクターを打ち出すために、ほかのメディアと並行して展開することが増えてきた。中でも、CD作品では、歌はもちろん、ドラマなどを収録し、キャラクターの声や特性、ストーリーなど、ゲーム内では詳しく説

悲しいのに怖いくらい綺麗 | 羽海野チカ(漫画家)

『マクロスF』の挿入曲「星間飛行」や薬師丸ひろ子さんの「メイン・テーマ」のように、松本さんの世界には小さいトゲを持っている女の子が出てきます。私はそれを見つめるような描写が好きです。最も好きな歌詞は、「Woman“Wの悲劇”より」の「ああ時の河を渡る船に オールはない 流されてく〜」の一節。発売当時にシングルを買い、それから30年の間ずっと、レコード→カセット→CD→MD→iTunesと、いつもす

エンタツ・アチャコから知ってます、僕は。|糸井重里

エンタツ・アチャコ(横山エンタツ・花菱アチャコ)を聴いたのはいくつの時だっただろう。小学校に入る前かな。「むちゃくちゃでごじゃりまするがな」ってアチャコのギャグが流行ったんですよ。テレビなんてまだない時代。ラジオの時代です。
 
で、昭和30年代。僕が小学生だった頃。中田ダイマル・ラケット、夢路いとし・喜味こいし、秋田Aスケ・Bスケ。子供たちを含め漫才が爆発的に広まったんです。まだテレビ前夜。その

おめでたい雰囲気のある、軽やかなおいしさ。|ほしよりこ

 スポンジと生クリームで構成されたケーキが好きなのですが、なかでも〈ユーハイム〉のフランクフルタークランツは軽やかさが魅力的。バタークリームは時々重たいものがありますが、フランクフルタークランツの軽くてふんわりとしたおいしさにはホッとします。初めて食べたのは、子供の頃に両親が結婚式の引き菓子で持ち帰ってきてくれた時だと思います。大人になって今度は自分が引き菓子でいただいたり、おみやげでいただいたり