キーワード

複合施設

花蓮文化創意產業園區

 3・3ヘクタールの広大な敷地に、酒造工場や倉庫だった26棟が立ち並ぶ文化公園。戦時中の空襲で大きな被害を受けたが、今でも1920年代〜30年代の建物が一部残っている。工場の移転に伴い、放置されていたこの場所がリノベーションされ、展示場やレストラン、ショップなどからなる複合施設として生まれ変わったのは、2015年のこと。以来、花蓮の文化発信地として親しまれている。中でも、人気が高いのは、スパニッシ

波波廚房

 風光明媚な墾丁エリアも、その中心地はハイシーズンともなればかなり賑やか。リゾートらしさもいいのだが、落ち着いて食事をしたい場合は、すぐ隣町の恆春に出かけるのがオススメだ。墾丁から車で20分も走れば観光地とは違ったローカル風情の店が多く立ち並び、財布に優しくて、おいしい店に出会える。また、台北や海外からの出戻り組が出した本格的な店も多く、散策しているだけでいろんな発見がある。
 中でも台湾屈指との

moku

東京ドームから徒歩10分、ビルの2階にある複合施設の一角を占めるのが〈moku〉だ。人気の植物イベント『BOTTA』の主催者である金田和希さんが営むショップには、ファレノプシスやデンドロビウム、ケラトスティリスにレナンセラなど世界各国の蘭に加え、サンセベリアやリプサリスといった観葉植物が並ぶ。蘭はコルクに着生させたものと、鉢植えのもの、どちらも用意されている。「蘭の奇天烈なフォルムと、可憐な花に魅