キーワード

期間限定

Gift Horse (2014)|ハンス・ハーケ

 ここは、観光客で賑わうロンドンのトラファルガー・スクエア。政界人が演説をする場としても有名な広場ですね。その中心で威容を誇るのはナポレオンから英国を死守した英雄、ネルソン総督の像。ほかにも広場の四隅には国王や軍人のモニュメントが鎮座しているのですが、その一つに、期間限定で現代アーティストの作品を設営することが通例になっているんだとか。2014年ここに堂々とお目見えしたのが、ドイツ人のアーティスト

コーヒー豆のセレクトショップとは? 國友栄一

〈KOFFEE MAMEYA〉は実に稀有な存在だ。一言で言えばコーヒー豆のセレクトショップ。だが単に話題のロースタリーの豆を集めて販売しているわけではない。そのほとんどが生豆の選択から携わり、店専用に焼き上げた別注品。だからこそ、ここでしか飲めないコーヒーを求めて世界中から客が集うのだ。あえて“焙煎しない”道を選んだバリスタ・國友栄一氏の店は、何が特別なのか? そして豆を知り尽くした男が作るブレン

サボテン屋の姿をした、総合カルチャーセンター〈カクタスストア〉。

ロサンゼルスの東、エコー・パークの一角に2015年に姿を現した〈カクタスストア〉。とかく大規模であることが良しとされるアメリカにおいて、7坪という敷地面積はマイクロショップと呼ぶのにふさわしいサイズ。

「狭いスペースでいかに量を見せるか、という機能もありますが、それぞれサボテンが生息する標高に敬意を払っての配置でもあるんです」と説明するのは創立者の一人、カルロス・モレラ。標高の高い場所に自生する

突然現れ、そこになかった 店や空間を短期間限定で創り上げる 謎の集団〈プレオープンズ〉。

「誰かのために全力を尽くしてしまうお人よしの集まり」。そう話すのは〈プレオープンズ〉の一員・髙木佳恵さん。名古屋を中心に活動している〈プレオープンズ〉とは、名前通りお店などのプレオープンの際にサポートしたり、今まで日の当たらなかった場所を盛り上げる活動をする集団だ。過去には利用されていない日本家屋で定期的にイベントを開催し、建物のオーナーが新たにお店をスタートさせるまでをサポート。メンバーは建築士

舌がバカで残念です。

食べることに興味もあるし、仲間とおいしい店を食べ歩くのも好きなんですが、いかんせん味がいまひとつわからないのです。ワインの飲み比べなんてもってのほか。小腹が減るとついついラーメンや蕎麦のチェーン店に入ってしまいます。絶品をみんなと共感して味わう至福の時間を過ごしたいのですが……。(イラストレーター/46歳/男)