キーワード

造形学部

Rolls-Royce Dawn Black Badge

 高級車の代名詞的存在、ロールス・ロイス。そして、ドーン(始まり、兆し。または夜明け)と名づけられたこのブラック・バッジは新しい世代に向けたビスポークモデルです。ブラック・バッジとは、2016年に同社が導入した、選ばれた少数の顧客だけにフォーカスしたモデル。ほぼフルオーダーで、ほかには存在しない自分だけの一台が出来上がるのです。こうしたデザインアプローチやエンジニアリングは大衆車でも一部見受けられ

Suzuki Jimny Sierra

初代ジムニーの発売から7年後の1977年に誕生したシエラの祖先。軽自動車のジムニーから派生した普通車で、当時はジムニー8という車名でした。シエラというマスコットネームが登場するのは93年から。以来、25年以上続くスズキの世界戦略車です。今作は、ジムニーと同時に開発されており、エンジンは新開発の1.5ℓを採用しています。ねじり剛性は先代モデル比で1.5倍に高め、車幅もワイドになっており、よりクロスカ

写真家・平野太呂 ハウスメーカーとつくる家。

まず最初に、誤解を解いておかなければならないのは、たぶん、多くの人が、ハウスメーカーと家をつくる、となると、ほとんど、何も、自分たちの好きなようにはできない、と思っているだろうこと。間取りは自由、床材も建具も選べます、と言ったって、せいぜい選べるのはAかBの2択くらいで、本当に好きなものは使えないし、細かな希望なんて聞いてもらえないんでしょ、と思っていること。
 
違います。できます。ものすごく、

Toyota Probox

国内で販売台数ナンバーワンの商用ライトバンがトヨタのプロボックス/サクシードです。両者の外観に大きな違いはありませんが、プロボックスのみ1.3ℓのガソリンエンジンが与えられています。サクシードは1.5ℓ~の展開。そんなビジネスシーンを牽引する“営業界の王様”にハイブリッドが追加されました! お値段的には同社のアクアとヴィッツの中間になり、この2台と同じ1.5ℓのハイブリッドシステムを搭載しています

Jeep Wrangler

11年ぶりにモデルチェンジを果たしたジープ ラングラー。詳しくない方だと、先代と新型で見た目の区別はつきにくいかもしれません。実際、スタイリングはキープコンセプト。伝統の丸目のライトや7つのスロットグリルも健在ですし、誰もが一目でジープと認識できる外観をしています。大きく刷新されたのはその中身。エンジンは2ℓ直列4気筒ターボと3.6ℓのV6の2種で、どちらも8速ATが採用されています。また、ドアを

Honda Clarity FUEL CELL

 次世代エネルギーの一つとして注目を集める水素。この水素を糧に発電しモーターで走るクルマが燃料電池車です。FUEL CELLともいいますが、世界中のメーカーが血眼でこの開発を進めるも、実際にものにできたのはホンダとトヨタだけ。いずれも日本のメーカーという点は誇らしいですし、立派だと思います。ただ流通量が少ない分、広がりは遅めというのが現状です。普及とは程遠いこの状況を打開するべく、この夏にはクラリ

TOYOTA Passo

 軽自動車ナンバーワンのダイハツが、これまで培った技術や経験を一台のコンパクトカーに落とし込んだ意欲作がトヨタの「パッソ」です。ダイハツでは「ブーン」として販売されるものですが、基本的に中身は同じです。特徴的なのはテイストの異なる2つの顔を用意している点で、これは幅広いユーザーの獲得を狙ってのもの。これによりガラッと印象が変わります。また、燃費は2WD車の場合、ガソリンエンジン登録車の中ではトップ

Mazda Demio

 4代目となるデミオが見事、日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞! 数あるクルマの中から本賞に選ばれたその理由は、上質感や省燃費性能に加え、クラスを超えた走りの楽しさにあります。中でも目を引くのは新開発の1.5ℓのクリーンディーゼルで、その燃費はJC08モードで30㎞/ℓを誇ります。もちろん、燃費だけではありません。小排気量ながら2.5ℓのガソリン車並みの頼もしい高トルク(220N・m)は、乗れば誰も

BMW i3

 最近、電気で走るEVを街で見かけます。それでも充電施設はまだまだ不足気味。EVが主役になるには、もう少し時間が必要です。では、足りないインフラ拡充を待つのか? 今ある状況で、積極的にEVを乗る。これを可能にしたのが、i3の「レンジエクステンダー」です。通常のi3と異なり電池残量が少なくなると、搭載する小さなガソリンエンジン(657㏄)が発電しドライブを継続できます。充電施設を探す手間や電欠の不安

Jeep Grand Cherokee

 チェロキーといえば、近年最もポピュラーなアメ車の一つ。その中でも豪華仕様で上位機種がグランドチェロキーです。今回、2014年モデルではお化粧直しを敢行、フロント回りのデザインを一新。また、8速ATや省燃費のエンジンを採用し野山が主戦場たるジープブランドとはいえ、きっちり近代化も果たしています。V6エンジンがメインですが、V8エンジンの用意もあり、いわゆるアメ車の醍醐味を盛り込むことも忘れてはいま