キーワード

18世紀

HYDE PARK

 世界の主要都市の中でも、抜群に緑が多いロンドン。大小さまざまな緑地が点在する中、合わせると5000エーカーもある歴史ある8つの公園は、今も王室の管理下で運営されている。中でも中心的な存在がハイド・パークとそれに隣接するケンジントン・ガーデンズだ。2つの間には18世紀に建設された人工湖、サーペンタイン湖が悠々と水をたたえて横たわる。その一角には遊泳場もあり、2012年のオリンピックでは、トライアス

GUCCI

スターやハート、ビー(ハチ)でインデックスを象る  「G−タイムレス」は自然界から好んで着想を得る〈グッチ〉のクリエイティブ・ディレクター、アレッサンドロ・ミケーレらしいコレクションだ。そこに新たに追加されたGMTの針は、スネークの姿にリアルになぞらえている。ミケーレワールド全開で何とも奇抜なさまだが、実はスネークを模すうねった形の針は18世紀から存在する。その名も、英語でヘビを意味するサーペント

Library

 上流社会の紳士たちの社交場として18世紀に始まった「ジェントルメンズクラブ」。一方、1990年代にできた〈Soho House〉以降、プライベートクラブは文化人の集う場となっていた。昨年6月に誕生した〈Library〉は、さらに進化した21世紀型クラブ。「現代の紳士とは階級や地位にとらわれない、オープンで遊び心を持った人々。ここのメンバーたちも文学サロンなどを通して新たな知識を得ることを楽しんで

記憶の中の香気を辿って。

鼻孔をかすめた香りにより過去がふいに蘇る時がある。例えばカクテルとシガーが混じったジャズクラブの香り。“記憶”をテーマにした香水シリーズは〈メゾン マルタン マルジェラ〉から。新作のテーマは「1992年、マドリードの理髪店」の記憶。12,000円(メゾン マルタン マルジェラ/メゾン マルタン マルジェラトウキョウ☎03・5725・2414)