キーワード

ジョージ

(barakan’s choice 16)若い頃の青くさい精神を忘れないために。

Bob Marley & The Wailers(ボブ・マーリィ・アンド・ザ・ウェイラーズ/1974−1981)は、60年代からの盟友のピーター・トッシュ、バーニー・ウェイラーがザ・ウェイラーズから脱退した後、ボブ・マーリィがよりリーダーとして前面に出たバンド。バレット兄弟らのリズム・セクションは健在で、ヴォーカルにアイ・スリーズが参加した。

(barakan’s choice 12)西海岸とニュー・オーリンズの幸せな邂逅。

Little Feat(リトル・フィート/1969−1979)。リーダーでスライド・ギターの名手、ロウェル・ジョージ、彼のギターとのからみが最高なビル・ペインのピアノ、ドラムズにはリチー・ヘイワード、ギターにポール・バレア、そしてベイスにケニー・グラドニーでパーカッションにサム・クレイトン。最強の6人です。