キーワード

東京大学

【大山】「ホーボー」の2人、 大山の商店街を歩く。

江戸の五街道の一つ、中山道の江戸から1番目の「板橋宿」(現在の板橋区仲宿周辺)は、旅人たちで大きな賑わいを見せた宿場町。現在の大山駅から西へ延びる「ハッピーロード」はその中山道から分岐した(旧)川越街道に沿って自然発生的に生まれ、第二次大戦後に発展した商店街。周辺には富士山へ通じる富士街道、鎌倉へ通じる鎌倉街道なども交差しており、まさしくジャンクションとして人々が行き交ったエリアだった。

お金のいらない時代が やってくるとしたら。| 伊藤直樹×山口揚平

僕たちの会社ではデジタルを使って人の体験をデザインします。「未来の体験を社会にインストールする」ことが社是なんです。シェアリングエコノミー(*1)が進む世の中でモノや情報をやりとりするとき、分散型でそれぞれ台帳管理ができて、セキュリティを保ちながらP2P(*2)通信が可能なブロックチェーンは革命的だと思いました。社会で動かすものを実際につくるという意味で、自分たちでゼロからビジネスモデルを考え、デ

ビジネスマンの僕が、アイデアマンになれたワケ。|トム・ケリー

 イノベーションとデザインに関するコンサルティングファーム、IDEO(アイディオ)は、プロダクトデザイナーの深澤直人が在籍したことでも知られる世界的な企業。クライアントには創成期のアップルをはじめ、数々のグローバル企業が名を連ねる。近年は「デザイン・シンキング」を武器にして、途上国で社会課題の解決にも取り組むスーパーカンパニーだ。同社を大きく発展させたトム・ケリーは、フレンドリーで気さくな人物。ア

鈴木秀明/資格フリーク

○掲載号/762号「101 things to do in NY」
○きっかけ/東京大学時代、雑誌サークルへ入る。そこでコラムを任され、資格試験を受ける記事を書き始める。
○現実逃避/何度も合格することによって、それが快感に。お金のなかった大学生の頃は、時には食費を削り、時には借金をしてまで資格試験を受け続けていた。
○資格数/261種類337個の資格を今までに獲得。
○受験数/社会人となった今は