キーワード

テイスト

粉にこだわるピッツァとパスタ。

〈浅草開化楼〉と共同開発した絶妙バランスの低加水パスタ。

シチリア修業時代、現地の生パスタの食感に感銘を受けたシェフの樋口敬洋さん。帰国後、自家製に挑戦するもなかなか再現できず、製麺会社〈浅草開化楼〉とタッグを組み、低加水パスタを開発。通常加水率40~50%で作るところ、約30%に抑えることで、樋口さんが求めていた歯切れの良さとモチモチ感が融合する麺が完成した。ディナーメニューの定番は、辛めのア

平成アニメの進化は、「撮影」技術の進化である!

2016年、新海誠監督による『君の名は。』が大ヒットした際にしばしば話題に上がったのが、その映像の美しさでした。「絵がきれい」「背景が美しい」という評価に大きく寄与しているのが、実は、アニメにおける「撮影」と呼ばれる仕事です。

「アニメは絵なのに、なぜ“撮影”?」と思われる方もいるかと思います。もともとアニメは、背景にセル画を重ねて一枚一枚フィルムで「撮影」することで、止まった絵から動きのある映

3DCGが描く未来。

現在、世界のアニメーション市場は3DCGが中心である。一方、日本の手描きアニメには今も世界中に熱心なファンがいて、「ANIME」と呼ばれて愛されている。つまり、「日本の手描きアニメのスタイルを継承した3DCG作品」は世界商品になる可能性を秘めていることになる。こうした背景があるため、現在の日本では手描きアニメ調の「セルルック」と呼ばれるスタイルの3DCG作品が多く制作されている。
 
そもそも日本

美術ファンの再生産にも貢献する人気作。刀剣乱舞

アニメ、ゲームファンのみならず、今や『刀剣乱舞』の名前は、一度は聞いたことがある人が多いだろう。2018年末には第69回NHK紅白歌合戦にミュージカル『刀剣乱舞』のキャラクターである刀剣男士が出場し、その人気を見せつけた。

『刀剣乱舞』は、2015年にリリースされたPCブラウザゲーム『刀剣乱舞−ONLINE−』が出発点である。舞台は西暦2205年。歴史を改変しようとする「歴史修正主義者」が現れた

12星座をダイヤでデザイン。

LAを拠点とするジュエリーブランド〈スピネリ キルコリン〉から新作チャームが登場。シルバーで作られた球体には、それぞれ12星座の形にダイヤが埋め込まれている。ゴールドのチェーンを合わせて、よりラグジュアリーなムードに。ネックレスチェーン330,000円、チャーム各104,000円(スピネリ キルコリン/サザビーリーグ☎03・5412・1937)

次世代スエットパンツ。

〈シテラ®〉のテクニカルスエットパンツがアップデートされ今季も登場。裏毛より軽く、断熱性が高い新素材で超快適。サイドポケットのウェルダー加工や、バックポケットのフラップ、フロントにはキーストラップを付けるなど機能も充実。180度開脚に対応するパターンで運動性も高い。19,000円(シテラ®/ヤマトインターナショナル☎03・5493・5651)