キーワード

マイルス

腕時計の時代を開いた歴史的名作を腕に誇る。

 フランスを代表する高級ジュエラーである〈カルティエ〉は、時計でも《タンク》をはじめ、数々の名作を持つ。今年、久しぶりにフルラインナップで復帰を果たした《サントス ドゥ カルティエ》も、時計史におけるマイルストーンだ。その誕生は、1904年。3代目ルイ・カルティエの友人である飛行家アルベルト・サントス=デュモンからの「飛行機を操縦中でも時刻が読める時計を」との要望が、開発のきっかけだった。当時はま

地域の資源を活かして、町づくりを面白がる地元の人と、経済中心の社会に疑問を持つ都会の人が地方で交わる。

海、山、川など自然に恵まれた環境と資源、人とのつながり。地方にあるものを求めて、ライフスタイルとして、移住や2拠点生活を選択する人や、地域に根づいてビジネスを起こす人が増えているいま、日本の地方に、新たなコミュニティが生まれている。

音楽とゲームとプログラミング。好きな分野を伸ばせる環境。|真鍋大度

 ジャズベーシストの父とキーボーディストで後に楽器メーカーに勤めていた母。そんな両親だったので、家にはいろんな種類の楽器や録音機材がゴロゴロ転がっていて、小さな頃から遊び道具といえば楽器でした。ピアノも小学校1年から習っていました。でも実は先生についてから楽器を演奏するのはそんなに好きじゃなくなってしまって。ピアノもレッスンが嫌でしょうがなくて、中学に入ってやめてしまいました。両親がプロのミュージ

マイルスを聴けば大丈夫。|谷川賢作

 僕は現在、さまざまな形で音楽に携わっていますが、その根っこにはジャズがあります。ジャズの勉強をしてプロになり、30代の初めまではジャズバーで歌の伴奏をしていましたから。“健やかなる時も病める時も”じゃないけれど(笑)、どんな時にもジャズを聴いてきましたし、いまだに聴く頻度はとても高い。
 だから「ジャズを聴きたいのだけれど、どこから手をつけたらいいのかわからない」という話を聞くと、すごくもったい

歴史を掘りつつ時代が求める商品を作る。|マイルス・ジョンソン

 サンフランシスコの本社にある、リーバイス®のアーカイブルーム。そこで丁寧に歴史を紐解く作業を繰り返す。「時代の流れは繰り返されるけど、いまの空気感に合っているかよく検証したうえで、機が熟すのを待つんだ」。今回リローンチされたオレンジタブには熱狂的なファンも多い。写真はお披露目に合わせてLAで行われたイベントで。「朝の9時までピースフルな時間を過ごしたよ(笑)」。デザインからビジュアルコントロール