キーワード

スイーツ

行列嫌い(?)なソウルの人も 並ばずにはいられない名店。

しみじみ優しい、すいとんの滋味深さに開眼必至。

スジェビとはすいとんのことだが、日本人がイメージする団子状のそれとはちょっと違う。2〜3時間寝かせるという生地は、厚めのワンタンのようにつるつるモッチリとした食感。煮干しや昆布などでだしをとったスープとの相性も素晴らしく、アサリ、ニラ、タマネギなどいろんな具材の旨味が一つにまとまり、ため息の漏れる優しい味わい。昼どきは、観光客とビジネスマンで大行列

ETHICUS (静岡/静岡)

都内のカフェで10年間バリスタを務めたのち、独学で焙煎技術を磨いた山崎嘉也さん。地元・静岡で今の物件に出会い昨年オープン。「飲んだときに農園の風景が見えるような香りを目指しています。産地に育つオレンジやバナナの木などのフレーバーをしっかり感じてほしいんです」。スタイリッシュな“ラボっぽい”店内は味覚が研ぎ澄まされる空間。「将来は静岡の茶畑を利用してコーヒー農園を造りたい」と、大きな夢を語ってくれた

Little Nap COFFEE ROASTERS(東京/代々木八幡)

約20年前にバリスタの世界に飛び込んだ濱田大介さん。〈Little Nap COFFEE STAND〉に続く、第2のアトリエとして、一昨年オープンしたこの店には、抽出技術にとどまらず、生豆から味の構築を図るために焙煎機を導入。豆はブラジルなど4産地のシングルオリジンを仕入れる。「微妙な火加減の違いで豆の表情はガラリと変わる」と工具を手にして、焙煎機をカスタマイズすることも。徹底的に追求して、豆の個

SATURDAYS CHOCOLATEでチョコの甘い香りに包まれる。

札幌発ブランドのチョコレート専門ショップ&カフェ。仕入れから成形まで、すべての製造工程を一貫して行うビーン・トゥ・バーは、小規模・少量生産で手作りが売り。原料はカカオ豆とキビ砂糖のみで、豆はブレンドせず同一地域のものを使用するため、本来の風味をより強く楽しめる。甘い香り漂う店内では製造過程を窓越しに見学でき、試食も各種用意。またオリジナルチョコレートを使ったドリンクやスイーツも提供し、イートインや

一つとして同じものはない “いい顔”の植物たちが集う。

藻岩山麓にあるフラワーショップは、黒を基調とした箱形の建物がスタイリッシュで印象的。400坪もの広大な緑空間は、「インテリアグリーン」をコンセプトに展示され、季節ごとの花をはじめ、多肉植物や和盆栽など多種多彩な植物が埋め尽くす。バイヤーが独自ルートで仕入れを随時行い、全国各地から良質な花々や珍しい草木が集められ、ピーク時には1000種類を超える植物が店頭に並ぶ。中でも太い幹や根が特徴の塊根植物(コ

“シメ”の誘惑と、 緻密にデザインされた甘さに酔う。

札幌ならではのご当地文化から、いまや全国的な広がりを見せる“シメパフェ”。その立役者である、〈パフェ、珈琲、酒、佐藤〉のアップグレード店がココ。カウンター席がメインとあって、10種類以上のブランデーや16種類のシングルモルトを中心としたアルコール類が充実。バー感覚で、一人で立ち寄れるのもいい。

柴田未有さんがオーダーしたのは道産純米酒、柴田(偶然!)600円と、「季節のフルーツパフェ」1,800

[ 関東 ]江戸の伝統と平成の技術が出会う場所。

地域ごとに、気候風土が異なる日本列島。津々浦々を探してみると、その土地の風土に合わせ進化した、特徴あふれる調味料が選びきれないほど見つかります。土地と食材の魅力を知り尽くした料理人たちに、お薦めの3品を教えてもらいました。使い方のワンポイントアドバイスを参考にしながら、調味料で日本一周してみては?

CJSJ

パリの5ツ星ホテルで修業中に知り合った2人が、本場のフレンチを台湾に広めようと、2015年にオープンしたスイーツの店。食べるまで味の想像がつかない、見かけからして芸術的なケーキに、オープン前から人だかりが。開店3時間ほどで完売してしまう生ケーキを求めて、みんなバッチリ着飾ってインスタ準備も完璧だ。ここのスペシャリテは、筒型に高く焼いたパイ生地の周りにシュー皮をキノコのようにくっつけたシュークリーム

SATSUKI ホテルニューオータニ

「親切な人になりたい」と思い、接客の最高峰であるホテルを目指しました。憧れのホテルニューオータニに入社して2年目です。〈SATSUKI〉はオールデイダイニングなので、客層は国籍も年齢層も本当に幅広いです。9月に登場したマロンパンケーキは、八丈島ジャージー牛乳や徳島県産和三盆糖など素材を厳選し、最少限の粉を使って焼き上げるスフレ生地で、プリンのようにレアでフワフワに仕上がっています。「わぁ!」とお客