キーワード

Facebook

華麗なる太宰府天満宮。

太宰府天満宮といえば菅原道真公。学問の神様に、受験の神頼みに訪れる人は多いが、実は文化芸能の神様でもあることはあまり知られていない。年間1000万人の参拝者を誇る神社の、知られざる側面に注目する。



 太宰府天満宮の権宮司である西高辻信宏さんの交友関係は、とても華やかだ。それは、神社には「奉納」という考え方があり、古よりモノに限らず歌などの芸能が多く捧げられてきたことに由来する。「現代の神社

福岡の自然派ワインの草分け的存在『とどろき酒店』●三筑

 15年ほど前から自然派ワインを扱うとどろき酒店。代表の轟木渡さんがフランスのワイン生産者を訪ねた折、ワインに造り手の人柄がにじみ出ると気づいたのがきっかけだ。「今でこそ当たり前のことですが、当時は大発見。わくわくしながら店に置き始めたのに、全く売れませんでした」と笑う。くっきりした味のワインが好まれた時代に、自然派ワインは「濁って曖昧な味がする」と返品されることもしばしば。しかしその滋味と個性に

元彼が楽しそうでつらい。

元彼が付き合っていた時以上に独り身で生き生きと楽しそうにしているのをSNSでつい見てしまって辛いです。私は彼と出会った行きつけの店からも足が遠のき、共通の知人とも疎遠になって行き場もないのに不公平です。SNSストーキングのループにはまっています。別れてもう3年になるのにどうしたらいいですか?(書店勤務/34歳/女)

買い物も楽しい食材店。

トリュフオイルやバターなど、使い方のヒントを聞いて家でも。

イタリアの食文化の一つであるトリュフ。収穫から加工までを手がける〈ムッチーニ・イタリア〉のアンテナショップがこちら。オーナーの林慈美さんいわく「イタリアの家庭では加工品を使うのが一般的」。ここに来ればテイスティングだけでなく、イートインスペースでトリュフメニューを味わいながら、トリュフを使ったオイル、バター、ペーストなどの使い方も聞ける

BRUTUS.jp、お気に入り機能、はじまりました。

先日の検索機能に続き、BRUTUS.jp、バージョンアップです。

BRUTUS.jpには数千(2019年4月現在)の記事が掲載されていますが、「あのとき読んだ記事、どこに行ったっけな……」「あの店行きたかったのに、店の名前が思い出せない……」といった声をいただいていました。そこで、会員(無料会員/有料会員)のかた向けに、自分だけの「BRUTUS.jpスクラップブック」を作ることができる「お気に入

空前の"伝わらない"時代……、さて、どうしたらいいのか⁉

コピーライターとして珠玉の言葉を世に送り出し、現在は関西大学の社会学部教授として教壇にも立つ山本高史が、コミュニケーションの仕組みを説いた新著『伝わるしくみ』を刊行。〈電通〉時代の同期であり、広告やマーケティングの現場で「コミュニケーション・デザイン」と向き合っている佐藤尚之を迎えて、今の時代のコミュニケーションのあり方について、じっくり語り合った。

大巴六九藥用物園區

長テーブルの上に、馬齒莧、巴參菜、山蘇、昭和草など見るのも聞くのも初めての植物がずらり20種類ほど。片手にテボザルを持ち、ビュッフェ式に好みの野草をザルに詰め、ぐらぐら煮立った湯の中でしゃぶしゃぶ。さっとゆでた野草に好みの薬味やソースを加えて食す、なんとも質素な料理。しかしこれが、驚くほど旨い。シャキッ、ネバッと様々な食感。苦味のなかにほのかに広がる甘味。野草がこんなにも繊細で味わい深いとは! 広