キーワード

シャネル

CHANEL

メンズウォッチ市場に参戦を果たしたのは、2000年。この時生まれた「J12」で〈シャネル〉は、セラミックウォッチの新時代も拓いた。ブラックに始まり、03年にホワイト、11年にメタリックなクロマティックを追加。そのどれもがファーストモデルのデザインを踏襲し、ディテールのアップデートで今日に至る。まさにメゾンのアイコンとなったコレクションが今年、グラフィックで遊んだ。ご覧の通り、アラビア数字のインデッ

グッチ クリエイティブ・ディレクター アレッサンドロ・ミケーレの方法論。

2015年1月、イタリアを代表する巨大ブランドでインハウスのデザイナーが突然表舞台に登場した。数日で作り上げたコレクションはシックなのに華があり、クラシックかつ斬新だった。新しい時代の到来に、いまファッション界は興奮している。深い知識と自由な感性を基に語る彼の表情は自信に満ちていた。

コレクションの舞台である古き、良きテキサスを再現した完璧な演出にシビれまくる。

 アメリカ・ダラスの国立歴史公園フェアパークで昨年末に発表された、シャネル2013−14年パリ−ダラス 
メティエダール コレクション。そのショーが東京で再演され、終演後にはパーティも開かれました。
 なにより驚いたのは会場の演出です。アーティスティック ディレクターのカール・ラガーフェルドがイメージした舞台は“古き、南北戦争前のテキサス”。そこにいるのは洗練された姿に置き換えられたカウボーイです

さくっと着られるライトコート。

ライトウェアとして提案された、〈ハケット ロンドン〉のスプリングコート。シワが気にならない特殊素材で、旅行などの携帯用にも便利な一着。サイズにはゆとりを持たせているので、ジャケットの上からでも楽に着られる。英国的なカラーであるロイヤルブルーも新鮮。49,000円(ハケット ロンドン/ヴァルカナイズ・ロンドン☎03・5464・5255)

ファッションが大好きだった母と、呉服屋の父から学んだこと。|阿部潤一

 山形の天童市で祖父の代から呉服屋を営む家に、一人息子として生まれました。反物の仕入れから、採寸、仕立てまで行う店だったので、家の敷地内には縫製の作業場もありました。若い女の人たちが何人か働いていて、小さい頃はそこに行ってはよく遊んでもらいましたね。仕付け糸がたくさん掛けてあって、そこから糸を一本さっと抜き、手早く着物を縫う姿を、器用だなと思い眺めていた記憶があります。
 両親ともに山形の出身です