キーワード

エルメス

ラガーシャツをファッションに。

ラガーシャツをファッションに。

ブランドの今季のキーワードは、「モダニティー」と「オーセンティシティー」。アメリカのクラシックなスポーツウェアをモチーフにしたラガーシャツは、エルボーパッチと背中のゼッケンがアクセントに。本物のラガーシャツさながらの肉厚なコットンの風合いも魅力。24,000円(ラグ&ボーン/ラグ&ボーン表参道店☎03・6805・1630)

HERMÈS

設定した時刻に、ゴングとハンマーによる巧緻なメカニズムで澄んだ音色を響かせる。しかしこのモデルは、アラームウォッチではない。“楽しみな時の訪れを、一緒に待つ時計”が、コンセプト。下側のリューズで右下のインダイヤルの針を動かして時刻をセットし、9時位置のボタンを押せば、美しいチャイム音とともに左下の針が60位置に移動して設定完了。まずインダイヤル全体が回転し、60分前になると左下の針も動きだして、ダ

限定ラインが本格始動。

昨秋に一日だけゲリラ発売された〈アディダス オリジナルス バイ アレキサンダー ワン〉が本格デビュー。ロゴが逆さになったゲームシャツなど、ユースカルチャーを皮肉ったデザイン。両ブランドの直営店を中心に4月展開予定。17,000円(アディダス オリジナルス バイ アレキサンダー ワン/アディダスグループお客様窓口☎0570・033・033)

Métiers Collection Chair|メチエ・コレクション チェア (2011)

エルメス初のミラノ・サローネで発表された「メチエ・コレクション」のチェア。巨匠エンツォ・マーリは滑らかに仕上げたウォルナット材をベースに、肘掛けを兼ねた笠木の上に小ぶりな背板をのせた。この背板と座にはしっかりとしたクッションが与えられ、張り地はもちろんエルメスならではのスムーズなカーフレザー。隅々まで行き届いた技(=メチエ)がもたらす座り心地は極上だ。

ウール素材のボストンバッグ。

昨年末、表参道にオープンした、日本初の〈チャーチ〉旗艦店には、レザーシューズ以外のグッズも充実。ノーサンプトンの老舗レザーブランドである〈タスティング〉社と製作したバッグもその一つ。ほかにも英国ブランドとタッグを組んだ、数々のアイテムが揃う。H39×W53×D29㎝。65,100円(チャーチ/チャーチ 表参道店☎03・3486・1801)

磁器で作ったフルーツの置物。

ザクロが盛られたフルーツバスケットの姿をポーセリンで作った置物。製造はイタリアのエステという町にある老舗メーカー、〈ESTE CERAMICHE PORCELLANE〉によるもの。職人の手で高品質な製品を作る会社をピックアップし現代に紹介するグループ、〈セーニョ イタリアーノ〉が企画した商品である。132,300円(エ インテリアズ☎03・6447・1451)