キーワード

戌井昭人

「悪い子なんていねぐねえぞぉ」

 もう許せねえや、ふざけた態度をとりやがって。僕も結構悪い子だというのは認めるけど、あいつらはもっと悪い子なんだ。こらしめてやらなくちゃならねえ。僕の名前は、ブルーひらの助、木製の剣、チャンカイスペシャルでダイヤモンドも真っ二つ、青いヒラリーノスーツは虫除けにもなるんだ。今日もライオンのように大地を走り、象のように体当たり、右も左も真っ暗闇の世界を、眩しい世界に変えてやるのが、僕の使命です。

「その回転、 ゆっくりだけど飛んできた」

 回転しながら空を飛んできたピザは、頭にぶつかって地面に落ちた。すべてはスローモーションだった。生きるか死ぬかの瞬間は皆がそうなるらしい。祖父は死ぬ前、バッティングセンターで150キロの球を打ち返した。サラミの嘆きが聞こえ、チーズの苦しみが湧きでてきた。向こうから必死に走ってくるネズミを蹴散らして、わたしのピザだ と叫び、バラバラになったピースを集めて箱に戻した。今宵、焼き直して食べるんだ。

「注意している本人が撃沈する」

 世の中は恐ろしいことばかり。気を抜くと災難が襲いかかってきます。それが何処からやってくるのか、見当がつきません。ですから常に気を張っていなくてはならないのです。けれども、四六時中気を張っているのは疲れてしまいます。では、どこで気を抜けばいいのでしょう? 風呂場? 便所? 寝床? しかし、そのような場所にも危機は忍び足でやって来ます。まったくもってパラダイスなんてどこにあるのかしら? 教えて頂戴。

「消えた握り部分を前にして」

 俺のシャベルの握り部分はどこに消えちまったんだ。これで温泉を掘り当てるつもりだが、一ヶ月前、電信柱にぶつかって腕が折れちまったんで、少し休んでたんだ。それで現場に戻ってみたら、握り部分がすっぽり消えちまってんの。お前は、狼が握り部分を咥えて国道を走っていたとか言うけど、狼が握り部分を何に使うんだ? 骨と間違えたのか? もし本当なら、狼とっ捕まえて解体して、足の骨を削って握る部分にしてやる。

「南瓜を抱えて座りなさい」

 花道を歩くような人生ではありませんでした。泥道、いばらの道、裏街道を歩いてまいりました。けれども踏み外してドブに足を踏み入れるようなことは決して致しておりません。人を騙して金儲けをする奴等も見てきましたが、私は人の道だけは外れないように踏ん張ってきたのです。貴方はいかがかな? さあ、南瓜を抱えて、椅子に座りなさい、もし、脳天に南瓜が落ちてきたら、歩んできた人生が間違っていたということですから。

「あの山、おれの山だぞ」

 ひと山儲けてやろうと、この街に出てきた。山を越え、大河を渡り、シャベルを振りまわして大暴れ、騙されたり、騙したり、血を流したことも多々ある。俺のまわりに平和な時間なんてこれっぽっちも流れていなかった。ヴァイオレンス極まりないことが日々襲ってきた。狼みたいな男、猪みたいなガキ、蛇みたいな女、狸みたいなオヤジ、キリギリスみたいな婆さん、みんな俺の敵だったが、なんとかくぐり抜け山を手に入れたんだ。

「まったく 戻ってくる様子がありません」

 ヤバイ物を背負わされて、芝生の上で待ってなさいよと言われたので、飯も食わずに、じっと待っているのですが、あの人は、まったく戻ってくる様子がありません。あんなに元気な様子で、バシッとキメてくるぜと意気込んで、調子良く向かって行ったのだけれど、どうしちゃったのでしょうか、もしかしたらヘマこいてしまったのかもしれません。とりあえず明日の朝まで待つことにします。でも腹が減ってしかたがないのです。

「悪魔と猿の討論に実りなし」

 もう後戻りできないけれど、前方では悪魔がアスファルトの上に座って、拾った煙草をふかしている。このまま進んで大丈夫なのだろうか? 青空が手招きをしているのだが、粘着質な日陰にひっぱられて、どうにも足が出ない。右も左も上も下も危険ばかりだ。どこかの窓から、猿が石を投げてくる。そもそもの原因は、わたしが猿と友達になり損ねたところにあるのだった。困りました。向こうの悪魔は、真っ赤な舌を出して微笑んでいる

「連続200枚割ったら信じてやる」

 お前さんの噂が実力通りなのか試してやろうじゃねえの、防御率が限りなくゼロに近いとか、連続奪三振がサンのサンビャク乗だとか、カーブがバイクレーサーのハングオンみたいに曲がっていくだとか、フォークボールが井戸の底に落ちてくカエルみたいにゲロゲーロだとか、ウスバカゲロウみたいに生きてるか死んでるかわからない消える魔球を投げちゃうだとか、とにかく、お前の実力ってやつを早く見せてくれ。

「綺麗にすることだけが目的ではありません」

 汚れたとこねえか、紙屑ポイ捨てするな、煙草もだ。空き缶を投げ捨てんな、カランコロン良い音立てないでくれよ。ガム吐き出すな、アスファルトにこびりついたのヘラで剥がすの大変なんだぞ、唾も吐くな、お前の唾液なんか大地は求めてない。とにかく地球を汚さないで、せっかくぐるぐる回ってんのにすべてを台無しにしてんだ。我々人間は、困った生き物なんだ。そんな人間の汚ねえ心をクリーンアップしようって作戦。