キーワード

キャンプ

「食わずに死ねるか」のレベルのキチジの塩焼き。

東日本大震災から1年半後。津波の傷跡がまだ生々しく残る宮城県・気仙沼に、復興第1号店舗ができた。それがここ〈福よし〉だった。「日本一の焼き魚」の呼び声高い店である。何が、どこが日本一なのか。こればかりは食べてみなきゃわからないと、気仙沼まで。天晴れなその味わいを、骨の髄まで食べ尽くした。

「日本一なんて一度も思ったことがない。周りの人が言ってるだけだ」と、大将・村上健一さんは半分照れながらぶっき

勤美學 CMP Village

にわかにアウトドアブームがやってきた台湾。なかでも、最も注目すべき施設がココだ。来客がなくなった遊園地を、大手建設会社が再生し始めたのが5年前。人・自然・クラフトを大切にする会社の方針に、苗栗地区の再生というお題が加わり、立派なグランピング施設ができた。何がいいって、手ぶらでキャンプができるのだ。いまは1泊2食に2つのワークショップが付くプランのみ。人数制限された広大な施設で、ゆったり大自然と触れ

Pompon Cakes BLVD.

 鎌倉の移動ケーキ屋〈ポンポンケークス〉の立道嶺央さんが2015年、お店を構えた。
「中心部からは離れているけれど、時々バスが通る大きな通りがアメリカの片田舎みたいで気に入って、〈ブールヴァード〉と名づけました」
 二方向の窓から明るい光が差し込む店内は、私物のレコードプレーヤーなど愛着のある品々が置かれ、まるで嶺央さんの部屋のよう。よい香りがしたと思ったら、母の有為子さんが、焼きたてのアップルパ

Joe Coffee Company

 20世紀前半、コーヒーを一般に広めた功績を持つインスタントコーヒー(以下IC)だが、こだわりのカフェが街を席捲する昨今、どうも二番手の位置づけだ。しかしそのイメージを覆す、屈指のロースター製ICが注目を集めている。
 その一つが2003年創業の〈ジョー・コーヒー・カンパニー〉。創始者ジョナサン・ルービンスタイン氏はクルーズ船の旅の間、コーヒーのまずさに辟易。常においしい一杯を飲めるよう、今年1月

Daihatsu Wake

 軽自動車最大の荷室と全高を持つスーパーハイト系ワゴンがウェイクです。実際、車高だけを見れば軽自動車はもちろん普通車ミニバンにも肉薄する1,835㎜です。室内高も1,455㎜の高さを誇り、この点ではライバルを圧倒。そして、使い方も自由自在な点もこのクルマの特徴です。キャンプなどのレジャーはもちろん、ほぼあらゆるホビーに対応できる利便性を備えています。またゴツゴツとした力強いデザインもほかの軽自動車

やっぱり日本製は穿きやすい。

やっぱり日本製は穿きやすい。

日本生産にこだわる〈オーディナリーフィッツ〉から、使い勝手のいいイージーパンツが登場。シルクコットン生地を使い、ウエストはゴム仕様、サイドはシームレスに仕立てた。ゆとりのあるワタリから裾に向かってテーパードしたシルエットも今っぽい。こちらはボトルスの別注色。19,000円(オーディナリーフィッツ/ボトルス☎06・6136・5225)

デザイナーズ家具に溶け込む良質なギアのみをセレクト。

 家具やスケートボードなどを手がけるクラフトマンの西村紀彦さんは、趣味のサーフキャンプや、ツーリングキャンプでは、ヴィンテージのアウトドアギアをメインに使い男友達とスタイルを追求している。また一方で、登山などのファミリーキャンプでは子供のために、使いやすい現代のギアを用いることもあるのだという。本来ならアウトドアグッズが散乱していてもおかしくないはずだが、家の中は至ってシンプルに構成されている。