キーワード

ロンドン

Chin Chin Club

アイスクリームのおいしさは、素材のクオリティやレシピだけでなく、そのなめらかな舌触りにもよるもの。液状の材料を攪拌してゆっくり冷やし固めるのが通常の作り方だが、「液体窒素を使って素早く凍結すると、よりフレッシュでスムーズなアイスクリームができます」とオーナーのアーラシュとニーシャ。ヨーロッパ初の液体窒素アイスクリームの店〈チン・チン・ラボズ〉をロンドンのカムデン・マーケットに開店させたのは7年前。

ミリタリーテイストのシューズ。

英国ブランドを代表する〈フレッドペリー〉が、同国の〈ウォルシュ〉とコラボしたシューズが登場。定番モデルの《TORNADO》がベースで、デイリーに履けるミリタリーテイストの配色が魅力。写真のライトグリーン×オリーブとオリーブ単色の2色展開。19,000円(フレッドペリー×ウォルシュ/フレッドペリーショップ東京☎03・5778・4930)

イギリス/ベス・チャトー・ガーデン

 実は巨木にはあんまり興味がなくて、海外でも民家の庭や道路の隙間から生えている植物ばかり見ていて。そういう植物の方が生きようとするエネルギーが感じられる。植物たちが最も幸せそうに見えたのが、このガーデン。ロンドンから車で1時間半くらいの郊外で、もともと不毛で植物が育ちづらい地質。オーナーのベス・チャトーさんは94歳の女性で、独学で土作りから研究し、不毛な土地で驚くほど多くの植物を育てることに成功し

江戸を感じるセットアップ。

“和”のテイストのアイテムを毎シーズン展開する〈ニードルズ〉。今季は、江戸小紋に用いられる伝統柄をプリントした、開襟シャツとパンツをリリース。江戸初期に庶民に親しまれた“続け字”で生地を埋め尽くしたパターン。どちらもゆったりとしたフィット感だ。シャツ29,000円、パンツ28,000円(ニードルズ/ネペンテス☎03・3400・7227)

限定ラインが本格始動。

昨秋に一日だけゲリラ発売された〈アディダス オリジナルス バイ アレキサンダー ワン〉が本格デビュー。ロゴが逆さになったゲームシャツなど、ユースカルチャーを皮肉ったデザイン。両ブランドの直営店を中心に4月展開予定。17,000円(アディダス オリジナルス バイ アレキサンダー ワン/アディダスグループお客様窓口☎0570・033・033)

中村聖哉┃欠かせないインスピレーションの源に。

数々のファッションブランドのディレクションなどを行い、1年の半分はパリやベルリンなど海外の都市で過ごしている中村さん。アートと親しくなったのは、ロンドンでの留学中だった。「アーティストの友人がたくさんいて、自然と触れるようになり、アンダーグラウンドなものを集めたりしていました」。ファッション業界で働きだす一方でギャラリーとの付き合いは深まり、数年前から気に入った作品を購入するように。東京・渋谷とベ