キーワード

ロンドン

Function 9, 4 (2018)|クロエ・ロッサー

 体というのは面白いですね。頭と四肢を内側に折り畳んでしまうと、もう上も下もどうでもいいような形になってしまいます。上の写真は、ロンドンを拠点に活動する写真家クロエ・ロッサー(1991~)の作品。2つの体が重なり合って不思議なバランスを保っています。誰かとこんな形になったことはありますか? 子供の頃に兄弟とふざけ合って、彼女とセックスの時に……なんて人もいるかもしれませんが。さて、今般の外出自粛の

【4月1日発売】会田誠が語る、岡村靖幸の4年ぶりのニューアルバム『操』ジャケット制作秘話

音楽界の奇才が出した「お題」に、美術界の鬼才が出した「答え」とは。

岡村靖幸の4年ぶりのニューアルバム『操』が4月1日に発売される。ジャケットを描き下ろしたのは現代美術家・会田誠。2013年からコラボレーションを続け、今回で3作目となる。会田誠が制作秘話を語った。


 今回もジャケットをお願いしたいと、麻布の喫茶店に呼び出されまして。コーヒーを飲みながら話を聞きました。「アルバムタイトルは『

【3月22日まで開催】“迎える”だけじゃない、ものづくりの祭典。

「シンガポールは人々が行き交うアジア最大のハブに成長している国際都市ですし、今回は芸術アカデミーのキャンパス内で開催するので、ものづくりの未来を担う学生との交流も楽しみなんです」
 そう語るのは「燕三条 工場の祭典」スタート以来実行委員会事務局を務める、鎚起銅器の老舗〈玉川堂〉の山田立氏である。
「燕三条 工場の祭典」は、金属加工をはじめとするものづくりの現場を紹介するイベント。今や燕三条の秋の風

サステイナブル歴36年。

〈ヘレンカミンスキー〉は環境への配慮が高まる現代に先駆けて、1983年からサステイナブルな取り組みを続けている老舗の帽子メーカー。最高級の原木が採れるマダガスカル産のラフィアを使用した特徴的な編みのパターン柄は、職人の手により一つずつ丁寧に作られている。小さく折り畳めて、ポケットやカバンに収納できる仕様。ハット各27,000円(カミンスキー/ヘレンカミンスキー 表参道ヒルズ店☎03・3470・25

戦後でナチの教育を受けたのは俺たちだけだよ。|養老孟司

 小学2年生で終戦になって、中学高校は栄光学園に通いました。子供の教育について親が考えたんでしょうね。当時の栄光学園は特に進学校でもなかったですよ。できて4期目で6年一貫教育だから、卒業生はまだいませんでした。1期の先輩は高1になったばっかり。当時としては信じられない教育でした。今でも信じられないでしょうけどね。だって、とにかくキチッと全部が決まっているんです。3日遅刻したら1日欠席をつけられる。

UKロックの最盛期を撮ったトシ矢嶋が写真展を開催。

 クイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』の魅力の一つに、1970年~80年代のイギリスのロック産業を描いた点にある。癖と欲だらけの業界人の渦巻く、ダーティでダイナミックなビジネスの現場。そんな荒波の中を、名もなきバンドが音楽とハッタリで駆け上り、スターダムへとのし上がっていくのだから、やはり痛快だ。

 ところ変わって、68年の東京・青山。深夜スーパー〈ユアーズ〉で働いていた音楽好きの青年が

ウォルター・シーガルが伝えた、 シンプルなセルフビルド・メソッド。

父はダダイスムの芸術家で、バウハウスの創設者ウォルター・グロピウスらと交流のある家に育ったというウォルター・シーガル。ベルリンの大学ではブルーノ・タウトらに建築を学んだというモダニズムの申し子だ。卒業後はエジプト学に傾倒し、その関係で1930年代に大英博物館のあるロンドンにやってきた。結局、AAスクールで建築を教え始め、建築家としてこの地に根を下ろすことになる。