キーワード

中華料理店

〈李園〉の 「パイコー炒飯」

どの町にもあるありふれた中華料理店の風情だし、駅からも遠い。なのに、いつも賑わっていて何なら行列も。何を食べてもおいしく、壁じゅうに貼られた色とりどりの短冊は眺めているだけでも楽しいお店です。学生の頃から長く通っているので、顔くらいは覚えてくれているのかもしれませんが、そんなことを微塵も感じさせない接客も好き。“最多ごはん”は「パイコー炒飯」ですが、名物「トマトタンメン」をはじめとしたトマト入りメ

行列嫌い(?)なソウルの人も 並ばずにはいられない名店。

しみじみ優しい、すいとんの滋味深さに開眼必至。

スジェビとはすいとんのことだが、日本人がイメージする団子状のそれとはちょっと違う。2〜3時間寝かせるという生地は、厚めのワンタンのようにつるつるモッチリとした食感。煮干しや昆布などでだしをとったスープとの相性も素晴らしく、アサリ、ニラ、タマネギなどいろんな具材の旨味が一つにまとまり、ため息の漏れる優しい味わい。昼どきは、観光客とビジネスマンで大行列