キーワード

日本の漫画

闇を塗り込め、光を描く。 墨の濃淡が新しい世界を創り出す。

森泉岳土ほど、漫画の道具と描き方を説明し続け、説明され続ける漫画家もそういないだろう。水と墨と爪楊枝と割り箸。知っている材料を使って見たことのない景色を描くその方法は、水彩紙に写した下絵を水でなぞることから始まる。紙の上で揺れる水に墨を垂らしたら、爪楊枝や割り箸を当て線を描き込んでいく。気の遠くなるような時間をかけるこの工程を経て、絵はPCに取り込まれる。この時点では多くの絵がパーツごとにバラけて

フランス漫画界のエースに日本のオタクも脱帽!?

プールで出会った女の子に惹かれる、主人公の心情の移り変わりを美しい色彩で描いた『塩素の味』で第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門の新人賞に選ばれたBD(バンド・デシネ=フランス語圏の漫画)作家バスティアン・ヴィヴェス。幼い頃から日本の漫画やアニメに触れ続け、さらにフィギュアコレクターという顔も持つ。パリの自宅には、フィギュア(その数2000以上)専用のコレクションルームまであるという。

「中