キーワード

広告代理店

【美青年と混ざる世界】イスラエルとカンボジアを一晩で……。

 ミャンマー料理屋のインテリおかみに前回教わった、納豆にニンニクを混ぜ唐辛子をかけて混ぜちらかす、という食べ方、それは、ニンニクの臭さと納豆の臭さが殴り合いの喧嘩をした後に仲直りしたような、独特な風味であって、それにドはまりし、もはや、ニンニクなければ納豆は食わぬ、という境地に至った松尾は、今回も日本にいながら食で世界旅行をしております。
「次は、イスラエル料理を食べましょう」と社長は言う。
 イ

飲みの席で盛り上がる話題は?

年上のお偉いさんを食事で接待する機会が多く、楽しく飲みニケーションしたいのですが、クライアントとプライベートや仕事の突っ込んだ話をするのはよろしくないと上司に言われ、相手が寡黙な時など話題に困ります。最近はキャバクラへ行く予算もなくシビアで。こんな時に鉄板の話題を教えてください。(広告代理店勤務/26歳/男)

取引先の女性に告白したい。

取引先の女性を好きになってしまいました。告白したいのですが、振られても仕事を続けていく相手としてどうすればいいか悩んでいます。流れで軽く食事に誘っても遠慮して来てくれたことがなく、嫌われているのか仕事での恋をご法度としているのか、探っても笑顔でクールにかわされ気持ちがわかりません。(広告代理店/31歳/男)

就職しなくても大丈夫。|戌井昭人

「就職しないっていうことは、面白い生き方をしたいってことだと思う」と語る、戌井昭人さん。偉大で、どうしようもない3人の作家について、自身の滅々とした体験を交えつつ、朗らかに語ってくれた。

 実は30歳を過ぎて、俺どうしたらいいんだろうって、就職活動をしたことがある。夏なのに冬物のスーツを着て、汗まみれで。平和島の潰れた喫茶店みたいなところで面接して、受かっていたら今ごろ何をしていたんだろう? 銀