キーワード

ヴィレッジ

勤美學 CMP Village

にわかにアウトドアブームがやってきた台湾。なかでも、最も注目すべき施設がココだ。来客がなくなった遊園地を、大手建設会社が再生し始めたのが5年前。人・自然・クラフトを大切にする会社の方針に、苗栗地区の再生というお題が加わり、立派なグランピング施設ができた。何がいいって、手ぶらでキャンプができるのだ。いまは1泊2食に2つのワークショップが付くプランのみ。人数制限された広大な施設で、ゆったり大自然と触れ

マルタ

 マルタ島に猫サンクチュアリがあると聞いて訪ねたのですが、施設はもちろん島全体が猫天国だったのです。島の迷い猫たちが保護されている施設は、草ぼーぼーの広大な敷地にリサイクルのベッドマットやソファなどがラフに置かれていて、悠然と新しい飼い主を待つ姿が印象的。その後会長さんに島の猫スポットを案内してもらったんですが、これまた自由! 町の至るところにDIYのカラフルなキャットヴィレッジがあってゆでたパス

閉鎖

 城壁によって外部と隔絶され、閉鎖された状況下で繰り広げられるアクションやサスペンス。『進撃の巨人』の醍醐味はここにもある。
 外からやってくる敵を侍たちが村で迎え撃つ『七人の侍』('54)は、スティーヴン・スピルバーグやジョージ・ルーカスらにも影響を与えた日本映画の金字塔。堀と柵によって野武士の侵入を防ぎ、要塞化した村で敵を撃退する奇襲作戦の数々は、迫力ある斬新なアクションシーンを生み出した。

LAならではの、好環境。もの作りの心を刺激する、丘の家。

 ノース・イースト・LAのマウント・ワシントンにある、小高い丘に佇むレンガ造りの2階建て。トレイシーの住まいは空間の流れが伸びやかで、部屋から部屋へとつい足が向く。そしてそのまま裏庭に出れば、眼下に広がるのはLAの絶景だ。
「住宅地なのに、少し奥まっているので家の中は非常に静かなんです」と嬉しそうに語るトレイシーは英国ののどかなヨークシャーの出身だ。ロンドンの大学卒業後、5年ほど住んだというNYの

じっくりと音を楽しむためのナイトスポット。|瀧見サキ

レストラン、ラウンジ[代官山]

エアー/目当てのアーティストのパーティのときは1階のカフェ〈NoMad〉で友人たちと待ち合わせしてから地下のフロアへ。年を重ねてからは良い音を出すスピーカーの前で、一人でじっくりと音と向き合う夜遊びの楽しみ方も好きになりました。音も良く、アーティストの人選も、自分好みです。●渋谷区猿楽町2−11 氷川ビルB1・B2。