キーワード

1969年

グッドデザインを大衆に。

1917年マサチューセッツ州生まれ。ボストンの学校でアートを学び、第二次大戦後にニューヨークに移る。デザインは独学だったが、40年代後半から家具の仕事を始め、49年から60年代にかけて代表作のプランナー・グループを発表。製造元の〈ウィンチェンドン・ファニチャー・カンパニー〉の知名度は低いが、当時はアメリカ有数の量販家具ブランドだった。その作風は、イームズやネルソンらに比べると大衆的でコーディネート

映画と文学の中間域を生み出した “暴走爺”が齢79歳にて再覚醒。

1950〜60年代、わが国のフランス映画ファンに符丁として、「アラン」と問いかけたとする。おそらく大半が(特に女性はためらいなく)影のある超美男俳優の「ドロン」と答え、映画監督の「レネ」と答えるのはよほどのマニアであったろう。さらに「ロブ=グリエ」となると皆無に近かったにちがいない。

アラン・ロブ=グリエが映画界と関係ができたのは、彼が脚本を書き、それをアラン・レネが監督した『去年マリエンバート

元祖ロリコン小説の作家、 実は言語との情事に興奮する変態か。

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の映画『ブレードランナー2049』と宇多田ヒカルの最新アルバム『初恋』にはひそかな共通点がある。どちらもナボコフの小説『淡い焔』を参照しているのだ。ヴィルヌーヴは主題を暗示すべくダイレクトに引用し、宇多田は行き詰まりを打開しようと原書をめくってヒントを探した(一時はふさわしい言葉が思い浮かばず、作中の一節を朗読しようと考えたらしい)。

ヴィルヌーヴや宇多田を魅了したこの小

やっぱビートたけしの毒はカッコいいよね。|スチャダラパー&ロボ宙

ボーズ 今日は脱線3のロボ宙もいるから話に参加してもらおうよ。
アニ 脱線は吉本興業所属だったし。
ロボ宙 だったな。
シンコ 大阪芸大の落研出身で、コントやってたこともあるもんね。
ロボ宙 やってたな。
ボーズ ということで。僕ら、1980年代に多感な時期を過ごした世代ですから。影響を受けたといえば、やっぱ「漫才ブーム」なんだよね。
シンコ B&B。
ボーズ ツービート。
シンコ 島田紳助・松本

毎朝奏でる、シンプルで単純な作業。|中島ノブユキ

「カシャン」。中島ノブユキさんの朝の食卓に、バネが跳ねる優しい音が響く。奥さんが準備する目玉焼きの香ばしい香りがキッチンに立ちこめる頃、食卓では中島さんが長年愛用のポップアップトースターに食パンをセット。「この〈エレクトロラックス〉のトースターは、10年以上使い続けているもの。火力はずいぶん弱まり、調節ツマミはここ何年もMAXのまま。食パンを押し上げるバネの力もすっかりも弱々しくなって……。でもこ

ロックンロールは決して死なない、そして変わらない

数々の荒波を乗り越え、今年結成から25周年を迎えるフラワーカンパニーズ。ある時は、メジャーレーベルを離れ自主レーベルから作品を発表。また、現在でも機材用のバンにメンバーも乗り込み、年間100本近いライブを実践するなど、さまざまな苦節を迎えてもなお、ロックンロールな姿勢を貫き続ける。そんなバンドを聴き続けているのが宮藤官九郎。フロントマンの鈴木圭介と、これまでの道のりを振り返ってもらった。
宮藤官九