キーワード

ローファー

アコギとエレキがセッション?

アコースティックギターとエレキギターを兼ねた革命的な一本が〈フェンダー〉から登場。モッドノブやヴォイスセレクターを切り替えるだけの簡単な操作で音色を自在にブレンドし新しいサウンドを作ることが可能だ。伝統的なテレキャスターシェイプにコンター加工を施したボディはアコースティックの定番、マホガニー素材を使用。豊富な5色展開。ギター270,000円(フェンダー/フェンダーミュージック☎0120・1946・

伝統をアップデート。

これを見てピンときた人はかなりのファッション通! “モノグラム”が描かれた四角いボディや、レザーと錨の配置まで、〈ルイ・ヴィトン〉の伝統的なトランクがデザインソースになっている。ジップを開けると、トランクの蓋のように大きく開閉するのがいいでしょ⁉ 7月12日に全国でローンチ。H21×W26×D4.5㎝。202,000円*予定価格(ルイ・ヴィトン/ルイ・ヴィトン クライアントサービス☎0120・00

ジェイエムウエストン 青山店が リニューアルして、お披露目。 オリヴィエ・サイヤールも来日!

ジェイエムウエストン 青山店が、世界に先駆けた同ブランドの新コンセプトブティックとしてリニューアルオープン! 昨年1月にアーティスティック・イメージ&カルチャー・ディレクターとなり、新店舗作りを主導したオリヴィエ・サイヤールが、就任後初めて来日し、彼がホストを務めるお披露目パーティが開催されました。以前よりも拡張された、およそ100㎡の新店舗は、シューズがアートピースのようにディスプレイされた、ミ

プリントTではありません。

プリントTではありません。

春から夏にかけて、特に人気を集める〈C.E〉のTシャツ。なかでも珍しいのが、この一枚。デザイナーのスケートシングによるグラフィックが、お馴染みのプリントではなく、3色の刺繍で表現された。縫製後に、オーバーダイウォッシュ加工を施すことで、長く着古したような色ムラのある風合いに。8,000円(C.E http://www.cavempt.com)

10代の青い憂鬱は、愛おしく、“カッコイイ”。

大人になって高校時代の写真を見返すと、当時のとんがったファッションになんとも言えない気恥ずかしさを覚えますよね。半尻カマした腰パンに踵を踏んだローファーで、肩とアゴで「だりぃ〜」って語るあの特有のフォルム。でも、あれって実はカッコよかったんじゃねーか? って思わせてくれるデザイナーがいる。KEISUKEYOSHIDAを手がける吉田圭佑さんだ。
 ジャージ、Vネックセーター、ダボパンと、高校生に欠か

自分で組み立てる時計。

英国のデザイン会社〈インストゥルメント〉が手がけた腕時計。自ら組み立てるキット式になった面白いパッケージングが特徴。そんな遊び心のある見た目でも、中身は本格派! 高性能なスイス製のムーブメントと、腕に馴染みのいいスムースレザーとのセットで販売される。キット価格35,000円(インストゥルメント/フィート☎03・3719・1550)