キーワード

代々木公園

宮根正人 | Ostü (代々木公園)

修業先の代官山〈アントニオ〉の求人を『ガテン』(肉体労働系の就職情報誌)で見つけたというエピソードに時代を感じる。イタリア修業は2、3年で数州を回るのが一般的だった当時、ピエモンテだけで5年を過ごした。「自分は器用なタイプじゃない」と、事あるごとに言うが、「一筋」のキャリアが武器に。2007年、ピエモンテ料理を主軸にした〈オストゥ〉をオープンし、郷土の味を根づかせてきた。仔牛のツナソース、アニョロ

代々木公園|新井文彦

 キノコや粘菌類を被写体とする新井さんにとって、普段の活動場所は大自然の中。公園へ向かうのは上京した折で、やはりお目当ては“隠花植物”だ。「キノコやコケ、地衣類などを探しては観察してニヤニヤ。時には樹木の間を歩きながら、仕事や原稿の構想を練ることも。公園は、日常と非日常の接点といえる存在。大木に囲まれていると五感がちょっと鋭くなり、日頃は眠っている野性の本能を呼び起こすことができると嬉しくなる」。

まちのこども園 代々木公園

 年間来場者数1000万人を数え、日本を代表する都市公園として知られる代々木公園。その東 端、原宿門のすぐ脇に、渋谷区の認定こども園〈まちのこども園 代々木公園〉が昨年月オープンした。 農家を思わせる大屋根が印象的な木造の園舎からは、元気いっぱいの子供たちの声。戸外活動の時間ともなれば、公園全体が第二の園庭、乳児は芝生でコロコロと転がりながら遊び、幼児は約54万m²もの

テーマ〈続々・怒られる〉

宮沢 怒られるのは嫌だね(笑)。この年になるとあんまりないけど。
やつい 家に帰ると絶対に怒られますよね、嫁に。ウチ、夫婦で同じ歯医者さんに通ってるんです。飲み友達でもあって、たまたま歯医者さんと一緒に飲んだ次の日に、嫁の予約が入ってて、嫌だなと思ったら案の定、前の晩の俺の振る舞いについて話してて。場を盛り上げるために仕方なく飲んだって言ってたのに、歯医者さんが「あんなに飲まなくてもいいのに」って

陛下に「エベレストは曇ってました」としか言えなくて。|三浦雄一郎

メタボから普通の65歳の体形体調に戻ろう、そしてエベレストに登ろうと決心しました。ところが試しに藻岩山っていう531mの山に登ってみたら、途中でのびて動けない。登るまで5年あったんですが、これでエベレストどうなるんだって気が遠くなりましたよ。けれど僕のモットーは「これ以下はない」でしてね。朝起きると足首に1㎏ずつ重しをつけて、代々木公園を歩きました。1日8時間寝てたとしても、12〜13時間は起きて