キーワード

2018年

Toyota Crown

1955年から今日に至るまで、60年以上生産・販売され続けているトヨタの高級車がクラウンです。同社を代表するクルマはいくつか存在しますが、「いつかはクラウン」という83年の名コピーが示す通りステータスシンボルです。当然、トヨタの象徴でもあるので、この一台で世の中を変える!という強い意志が込められています。その一つがコネクティッド技術。車載通信機を全車に標準搭載しクルマとクルマだけでなく、街や道路と

チューダーが満を持して 日本での正規販売を開始。 最新モデルを着け比べ!

ファンやコレクターの多い腕時計ブランドでありながらこれまで日本では正規の販売がなかったチューダーが、待望の本格上陸。展開される全モデルをじかに見られるお披露目パーティが開催されました。

会場に入ってまず目に飛び込んできたのは、通路の両側に設置された巨大パネル。そこには1926年にロレックスの創立者ハンス・ウイルスドルフから始まるチューダーの歴史や、腕時計の特長が記され、そのあとにはブランドアンバ

ナインティ・プラス ゲイシャ・エステート

コーヒー先進都市・福岡で4店舗を展開する実力店。オーナーは『ジャパン バリスタ チャンピオンシップ』で2年連続チャンピオンに輝いた岩瀬由和さんだ。「より生産者に近い立場へ」と、2018年夏から自社焙煎をスタートしたことも、福岡のコーヒー好きたちの間で話題に。素材の持つ個性を引き出すべく、浅〜中焙煎が基本。パナマのゲイシャ種は、エレガントな風味、強い甘味が非常に豊か。「ベルガモットやマンダリンオレン

ウン レガロ デ ディオス

2018年のニカラグア・カップ・オブ・エクセレンスで5位に入賞。4代にわたり「神の贈り物」と呼ばれる農園で栽培から発酵、乾燥、精製まで一貫して手がけた豆を使用。熱伝導に優れたプロバット社のヴィンテージマシンで甘味が頂点に至る瞬間を逃さず焙煎する。「しかも稀少なパカマラ品種で、甘味と深いコクをもたらすハニープロセス処理と聞くだけで興味津々。クリーンな味わいです」(三木)。2月発売。250g 3,50

PHILOCOFFEA (千葉/船橋)

バリスタの世界大会『ワールドブリュワーズカップ2016』でアジア人初のチャンピオンとなった粕谷哲さんが、梶真佐巳さんと共同で設立。焙煎所兼ラボで、焙煎や淹れ方の実験を繰り返す。粕谷さんは同大会の2018年世界チャンピオンのコーチを務めるなどバリスタトレーナーとしても世界中を飛び回っており、世界の最先端のコーヒー事情に詳しい。生産量の少ない豆を仕入れたり、世界で目にしてきた新たな楽しみ方を発信してい

REINO COFFEE STORE (東京/中村橋)

店主の大友玲さんは、新宿〈但馬屋珈琲店〉で焙煎に目覚め、他店舗でも経験を積み2018年に開業。「僕はふだん、あまりコーヒーを飲まないんです。ただ研究対象として面白くて。浅煎り、深煎りに関係なく飲みやすさを追求しています」。「本日のコーヒー」はブレンド、シングルオリジンはアメリカーノで提供。親しみやすい味は老若男女に好評だ。新築アパートの1階に立地。カウンター、テーブル席のほか、ソファやテラス席もあ

次世代バリスタ&ベイカーのコーヒーショップが新潟に登場。

「オープン前から地元の注目の的だった」。町を歩くとそんな声がたくさん聞こえてきた。〈dAbCOFFEE STORE〉店主の小林大地さんは東京・代々木公園にある〈Little Nap COFFEE STAND〉に4年間勤め、地元・新潟に帰郷し独立。パートナーの海渕玲子さんは焼き菓子担当で、東京・西原の〈PADDLERS COFFEE〉に勤めていた看板娘。2人は共に、東京のサードウェーブコーヒーを牽引