キーワード

2011年

イライラして彼に当たってしまいます。

どうしてもイライラしてしまう日があり、そんな時に彼氏に当たってしまいます。積もり積もって嫌われないか心配で。イライラしやすいのをそもそも直したいです! それに私が理不尽なことをしても、彼は私を責めず、なぜか謝ってきて全く怒らないんです。嫌な時は言ってほしいと言っているのですが変わりません。そのうち彼が追い詰められて病んでしまわないか心配。そもそも私が理不尽なことをしなきゃいいのですが、理不尽を直す

造園家、齊藤家の1年。

天井の高い、半地下のリビングダイニング。背高の窓の外では、さまざまの木々が思い思いに枝葉を伸ばす。森の大木をくりぬいた中から外を眺めているような、不思議な安心感が訪れる。「昔からずっとここに住んでいたみたい。転居してすぐから、新築とは思えないほどしっくり落ち着きました」と、家主の齊藤太一さんが話す。
〈SOLSO FARM〉をはじめとする農場やショップを営み、造園家として活躍する齊藤さん。土地探し

好きなものを重ねて飾るアパルトマン。

築40年近いマンションの一室。壁という壁に飾られた写真やアート、棚にギュギュッと並ぶ本やオブジェ、そして、たくさんの椅子。濃密で、どこを見ても、物語がふわりと立ち上がってくるような、その雑多具合が心地いい。
 
インテリアショップ〈ACTUS〉に勤める泉哲雄さんと、ギャラリー〈PATINA〉の泉美貴子さんは、この部屋に住んで15年になる。「最初はすっきりしていたんですけどね。2人ともものが好きで気

BIONIC PLANTS

後藤亜希子さんと楠木誠悟さんによるフラワーデザイナーユニット〈BIONIC PLANTS〉。広告や雑誌、店舗のディスプレイなどで活躍する2人が奥沢に構えていた店を都立大学へと移転。2019年3月にオープンさせた。作り込みが得意な足し算的思考の楠木さんと、華道の経験を生かした引き算的発想の後藤さん。「互いのセンスを生かしつつ、色と色が相乗効果を生む組み方を大事にしている」と言い、今回のブーケでは一本

本当に恐ろしいのは、戦禍の中にあるあちらか、無自覚なこちらか?

ベイルートの青空を突き刺すように聳え立つ建設中の高層ビル。その建設現場と労働者を追いながら、シリア移民労働者の父の思い出がモノローグで語られる。内戦を逃れベイルートに亡命した(現在はベルリン在住)シリア人のジアード・クルスーム監督が目の当たりにした現実を、シャープな映像と削ぎ落としたサウンドで構成した映画『セメントの記憶』。世界60ヵ国で上映され、グランプリ34冠に輝いた本作について、2人の写真家

聞き返す罪悪感。

「こないだの店のさ」「昨日のやつどうなった?」と、妻がツーカーの会話をしてくるので、いつも「誰が?」「どこの?」とか聞き返して、「だから、あれだよ、あれ!」と切れられて、場の雰囲気が悪くなります。かといって適当に返事してたらバレたり。あるあるだと思うのですが、どうしたら円滑に行くでしょうか?(書店員/35歳/男)

COMOLI

小森啓二郎さんの服作りには明確なコンセプトがある。
「自分が着たいものであること。それが世の中にないこと、を前提にしています。既にあるものは買えばいい。周りを見渡して、どこに行ってもないなと思ったら、よし、作ろうと。それが、僕が服を作り始めた理由なんです。そして、自分が着たいと思うものは、誰かしら欲しいと思ってくれないかなという思いで展示会を開いています。あ、でも、トレンドは気にかけていて、自分が