キーワード

ヨーロッパ

物外設計 ystudio

デジタル時代の到来によって手書きの機会は少なくなったけれど、裏を返せば、文字を書くのは契約書のサインや大切な人に手紙を出すなど重要なシーンということ。《文字的重量》は、その特別な時にふさわしい文具を目指している。真鍮の程よい重み。人生とともに変化する色合い。滑らかな書き心地。一昨年に登場した万年筆は発売前に1,300本の予約が殺到した。パリのメゾン・エ・オブジェにも出展し、ヨーロッパへの販路も拡大

毎朝の、市場通いから生まれる洋菓子。|近江屋洋菓子店

 抑制というのだろうか。〈近江屋洋菓子店〉には何一つ、はしゃいだところがない。チェリーウッドの壁には絵画も掛けず、高い天井には、シャンデリアでなく花びら形の蛍光灯。昔の精肉店と同じショーケースに並ぶのは、ホイップしたてのクリームとふっくらしたイチゴを重ねたサンドショートや、シャインマスカットがこぼれ落ちそうなタルトだ。上等な素材を使い、素材以上を飾らない。日々質実を守るという在り方が、店の佇まいか

CATHEDRAL

 グッドコンディションかつ、貴重なヴィンテージ古着を求める人ならカプリの存在は知っているだろう。ラインナップはアメリカ、ヨーロッパともに揃うが、注目は英国好きにはたまらないルイスレザー、ブリティッシュアーミーなど。基本的にデッドストックやレアカラーなど、なかなかお目にかかれないアイテムばかりだが、これらが店内に常にストックされている。他店に比べ高価だが、ロンドンの超有名コレクターから買い付けていた

BRITISH WAX-JACKET MARKET

 ハンティング、フィッシング、乗馬、ミリタリー、ライダースなど、英国アウトドアウェアの大定番として確固たる地位を築くバブアー。ロイヤルワラントを受けたワックスジャケットに魅了されたオーナー山岸祐太さんは、弱冠24歳。単身で北西ヨーロッパを中心に巡り、膨大な数のヴィンテージバブアーを買い付け、ストックしている。店舗というよりは倉庫として活用しているわずか2畳のスペースに、バブアーだけがパンパンに詰め

JUMP THE GUN JAPAN

 1992年にモッズファッション専門店として本場英国に誕生したジャンプザガン。オリジナルでイギリス製のテーラードスーツやカジュアルウェアを手がけ、世界中のモッズ好きから支持を集める。奈良に構える支店を任されているのは、イギリスをはじめヨーロッパで活躍するモッズバンド〈レ・カプチーノ〉のトミーさん。商品は7割が自社のもので、残りはトミーさんによるセレクト。イギリス製の革ベルトやモッズコンセプトのサイ

自分で髪を切る。

 今年で73歳になりますが、かれこれ50年以上、髪は自分でカットしています。まだ20代だった1970年前後は、男が美容室に通うような時代じゃなくて。かといって、理髪店はクラシックな髪形の一辺倒でね。当時、雑誌で見て憧れたミュージシャン、ロッド・スチュワートのようなヨーロッパのスタイルに近づけるには、セルフカット以外の選択肢がなかったんです。そんなふうに仕方なく始めたことが、徐々にコツを掴んで、これ

身だしなみの道具。|吉田昌太郎

 ここに並ぶのは、僕がヨーロッパに買い付けに行くときに旅行鞄に必ず入れているトラベルグッズの中身です。道中で新しいものを入れたり、余計だなと思うものを省いたりしながら、今のラインナップに落ち着きました。15年近く変わっていませんし、特別なものもありません。特にこだわりはないが、たまたま手に取り、毛の硬さや磨き心地が気に入った歯ブラシや〈ジョンソン・エンド・ジョンソン〉のデンタルフロス。かみそりはホ

【蜜とは? そして、イカに飯とは?】渋谷で巡る辺境料理、ポルトガルからペルーへ。

「渋谷がいい。渋谷以外では食いたくない!」
 私がごねるので今回は渋谷で2軒、世界一周メシである。渋谷の文化村シアターコクーンで、かつて故中村勘三郎さん(当時勘九郎さん)に書き下ろした芝居の再演を一か月近くやっており、それが3時間を超える芝居で、いきなり「江古田にいきましょう」などと言われても身動きがとれないのだ。
「渋谷にも辺境料理はあります。どれほどでもあります」
 社長はいつだって頼もしい。